柔道場で英語を学ぼう! 〜地球規模で活躍できる人材を目指して〜

なぜ、志道館では英語教育に取り組むのか

 

理由① 「柔道」×「英語」で真のグローバル人材を育成する

 

近年「グローバル人材」という単語をよく見掛けるようになりました。では、「グローバル人材」とはどういう人材を指すのでしょうか?解釈は人それぞれかもしれませんが、私は「愛国心を持ち、自国の歴史・文化を知った上で、リーダーシップ、コミュニュケーション力、語学力を持った人材」だと定義しています。

例えば、語学は堪能だが、美しい日本語が使えない、自国の歴史を知らない…、というのは単なる“外国語が得意な人”でしかありません。

日本発祥の武道である柔道を通して心身を鍛え、その精神を学び、古典「実語教」によって美しい日本語の旋律を身体に染み込ませる、その上で英語を学ぶことに意味があると思っています。

 

 

理由② 「柔道」×「英語」で世界中に友達をつくる

 

現在、国際柔道連盟には200の国と地域が加盟しています。ご存知の通り、近年オリンピックや世界選手権でも日本人選手が金メダルをとることは容易ではありません。しかし、それでも「日本人柔道家」は世界で一目置かれていると感じます。私自身、現役時代には海外遠征や合宿を経験し、また、引退後も「柔道家」のコネクションを使って、いくつかの国の道場を訪問したことがあります。様々な国の人達とつながることができる「柔道」の素晴らしさを体感し、「日本人柔道家」であることを誇りに感じることもできました。また、海外の柔道家ほど礼儀を重んじ、創始者である嘉納治五郎先生、そしてその精神を大切にしており、海外の柔道家から学ぶこともたくさんありました。

「柔道」と「英語」があれば、世界中の人々と繋がることができるでしょう。「日本人柔道家」として、海外の柔道家たちに臆せず柔道のこと、日本のことを発信できる人になって欲しいと思います。

 

 

志道館の英語教育

①ネイティブ講師と触れ合いながら英語に親しむ「English Dojo」!

外国人柔道家の先生の元、柔道を通して、また身体を動かしながら、英語に触れ合います。

子どもたちには「English Dojo」を通して、日本人以外の先生と触れ合うことで、英語や海外を身近に感じ、興味を持つきっかけにして欲しいと考えています。

 

【対象クラス】幼年部・少年部

【開講日時】毎週水曜日16:30〜※祝祭日はお休みとなります

【料金体系】通常の月謝です。各コースの中で水曜日を選択してください。

幼年部料金体系

少年部料金体系

授業風景→”柔道で心身を鍛えよう!〜Englishi Dojo〜”

img_0149.jpeg

 

English Dojo担当講師→Scott A.Hughes(スコット・ヒューズ)

 

 

②地球規模で活躍することが出来る人になるために!「English Dojo Special Learning Class

2015年4月より志道館では、「English Dojo Spesial Learning Class」(以下、SLCとします)を新設致しました。SLCは、「日本のこと、柔道精神を世界に発信できる人になる」ということを目的にした、英語クラスです。約1時間の英語学習時間は、アメリカ人講師と日本人講師が隔週で担当します。毎週金曜日16:00〜、対象は少年部のみ。

 

【SLCの特徴①「身体を動かす」×「英語」】

道場という“場”を活かし、身体を思いっきり動かしながら英語を学びます。

授業風景→”身体を動かしながら、英語学習”image

 

【SLCの特徴② テーマは「日本」と「柔道」】

日本建国の歴史書である「古事記」や、柔道の創始者・嘉納治五郎先生の一生、柔道精神(精力善用・自他共栄)等、「日本」や「柔道」に関することを英語で学びます。

授業風景→”日本建国の神話を英語で学ぶ”

 

 

 

 

【SLCの特徴③ アウトプットの機会提供】

「自分が伝えたいこと」を英語で伝える機会を提供します。

海外のお友達との文通、海外にいる外国人とスカイプを繋いで会話(日本語一切なし)等。

東京フランス国際学園 柔道授業への出稽古も実施します。
出稽古の様子はこちら
http://www.bunbuichido.net/lfit20161014/

 

 

【対象クラス】少年部

【開講日時】毎週金曜日16:00〜※祝祭日はお休みとなります

【料金体系】通常の月謝です。各コースの中で金曜日を選択してください。

 

※SLC前後の時間帯は他のクラス同様、柔道&学習&自由時間となります。

 

柔道で心身を鍛えよう!少年部稽古のご紹介③〜金曜日(English Dojo Spesial Learning Class)編〜
http://www.bunbuichido.net/junior-class-practice3/

 

 

授業風景→”オーストラリアと日本、スカイプでビデオ電話!”

img_8128.jpeg

 

English Dojo Special Learning Class担当講師→Samantha Farmer(サマンサ ファーマー)&瀧澤亜希子

 

③〈番外編〉海外柔道クラブとの交流!

志道館では、海外の柔道クラブとの交流も計画しています。多様性を受け入れ、多角的な視野で物事をとらえることができる感性を磨いて欲しいと思います。

2015年度は、ベトナムへ遠征しました!今後も2〜3年に一度のペースで海外遠征を実施予定です。

ベトナム遠征レポート〜柔道交流編〜

ベトナムの道場 指導する坂東

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語を学べるクラス(水曜日・金曜日)についてのお問合せはこちらへお願いいたします。→お問合せフォーム