志道館が、そこにあり続けるということ

幼・少年部<古典素読・勉学・しつけ> 2016年6月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
枝豆2016-06-28 11.07.55

平日は、14:00〜15:00くらいの間に、低学年の子どもたちが道場に来始める。
道場の窓を開けていると、だんだん子どもたちの声が近づいてくるのが分かる。
「こんにちはー!」と道場のドアを開けて、嘉納先生に一礼。
来るなり、学校や家での出来事を話し始める子もいれば、真っ先におやつを食べ始める子もいれば、道場に来る途中で、必ず何かを拾って来る子もいる。
ちなみに、今日は枝豆(!?)を拾ってきた。

 

 

そして、おやつを食べ、後始末をして、勉強に取りかかる。
勉強が終わった後、柔道着に着替えて、時間があれば自由時間。
相撲やバドミントンなどをして遊ぶ。

ここまでが、柔道稽古前のありふれた風景。

 

拾われてきた枝豆を見ながら、この風景を10年後も20年後も30年後も見ていたい、
とふと感じました。

 

季節が移ろい、時間が流れ、時代が変わっても、変わらない風景。
今、志道館に通っている子ども達が、大人になってからも、自分の原点、初心に返ることができる“場”、懐かしく温かい気持ちになれる“場”として、長く存在し続けられるよう、怠りなく精進していきたい。
人生の道標は、子どもの頃の原体験、原風景に他ならないのだから。
 

 
 

 

館長・坂東真夕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

img_6563.jpg

翻訳者(フランス語) 治部美和さんのご紹介

お知らせ・メディア掲載情報 2017年9月24日

治部美和さんと感動の再会!!の図↑↑↑       柔道えほん「ミッチのあいことば」。 企画段階から...

お知らせ・メディア掲載情報

翻訳者(フランス語) 治部美和さんのご紹介

2017年9月24日 08:19

img_6563.jpg

治部美和さんと感動の再会!!の図↑↑↑       柔道えほん「ミッチのあいことば」。 企画段階から...

続きを見る

img_8143.jpeg

「致知」2016年3月号に掲載されました!

お知らせ・メディア掲載情報 2016年2月2日

人間を学ぶ月刊誌『致知(ちち)』 日本の良き心を取り戻すべく、世を憂い自己と真摯に向き合い続ける。 そんなコアなフ...

お知らせ・メディア掲載情報

「致知」2016年3月号に掲載されました!

2016年2月2日 07:26 |志道館, 致知, 雑誌掲載

img_8143.jpeg

人間を学ぶ月刊誌『致知(ちち)』 日本の良き心を取り戻すべく、世を憂い自己と真摯に向き合い続ける。 そんなコアなフ...

続きを見る