稽古風景(2018・9・14)〜次のステップを明確に!〜

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう> 2018年9月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜日の英語クラスはふたりの先生にお任せしています。

 

スクリーンショット 2016-03-31 19.23.49
 

子供への指導経験も豊富で、熱意を持って接してくださるおふたり。

どうやったら子供たちが楽しみながら成長できるか?いつもアイデアを出してくれます。
 

柔道場で展開される英語クラスは例がないため、試行錯誤を繰り返しながらオリジナルのメソッドを生み出してきました。
 
そんな中、英語クラスに新しい評価基準ができました。
 

 
img_0672.jpg
 
※クリックすると画像が大きくなります。
 

 
 

《英語レッスン評価基準》
1)態度5ポイント、英語5ポイントの計10ポイントによる評価(各生徒に対してそれぞれ何故その点数になったかを具体例を挙げフィードバック)
2)表のPositive morals, Negative morals の内、それぞれの生徒のその日の最も良かった点(キャラクター)と悪かった点があれば伝える。
3)Positive moralsとNegative moralsは志道館五訓と連動しており、英語学習と各授業の評価フィードバックを通してThe Teachings of Shidokanを身に着ける事を目指す。
4)毎レッスン前に先週の評価を基に今週のレッスンの目標(ゴール)を確認する。(自分で考え、振り返る習慣を身に着ける)

 

 
表の①から⑤は志道館五訓の英訳です。
レッスンの最後に、五訓に対応した《Positive morals》・《Negative morals》で評価します。
 

評価を基に自分で考え、振り返る。
【Think→Plan→Act→Review】このサイクルを促すことで、子供たちが次回のレッスンで何にどう取り組んでいけばいいか、分かりやすくなります。

 

「もうちょっと頑張ろうね」
「もっと集中しないと」
「やる気が感じられないよ、あの態度じゃ」
大人はつい、こんな表現をしてしまいがちですが
この言い方では曖昧すぎてどうしていいか分かりません。
 
子供たちにとって分かりやすい言葉で評価を明確に伝えてあげることで
・次は何に気をつければいいのか?
・どこが褒められたのか?
受け取りやすくなります。
 
点数をつけて子供たちの間に差をつけることが目的ではなく
今後何に取り組めばいいのか、次のステップを明確にすることが目的です。

 
迷いなく、どんどん前につき進めるように
カリキュラムを常に見直しながら
見守っていきたいと思っています。

 
 
 
img_0720.jpg

 
 
 

 
 
館長秘書 近藤ともこ(こんとも)
 
 
 

 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

【English Dojo】2016年3月2日(水)〜稽古風...

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう> 2016年3月2日

水曜日はオーストラリア出身のスコット先生が担当する【English Dojo】です。 トレーニングタイムは基本、英語で! 回数...

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう>

【English Dojo】2016年3月2日(水)〜稽古風...

2016年3月2日 08:23

水曜日はオーストラリア出身のスコット先生が担当する【English Dojo】です。 トレーニングタイムは基本、英語で! 回数...

続きを見る

日米・日中 柔道交流からの、第5回志道館杯!

港南道場 2019年1月22日

先週は怒涛の一週間でした。   16日には10代〜20代のアメリカ人柔道選手10名が来館! 外務省が推進する【KAKEHAS...

港南道場

日米・日中 柔道交流からの、第5回志道館杯!

2019年1月22日 08:14

先週は怒涛の一週間でした。   16日には10代〜20代のアメリカ人柔道選手10名が来館! 外務省が推進する【KAKEHAS...

続きを見る

英語で会話をしてみよう!国境を越えたコミュ...

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう> 2015年12月15日

English Dojo Special Learning Classの授業の一環で、オーストラリアに一時帰国しているスコット先生と”国境を越えて会話を...

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう>

英語で会話をしてみよう!国境を越えたコミュ...

2015年12月15日 02:37

English Dojo Special Learning Classの授業の一環で、オーストラリアに一時帰国しているスコット先生と”国境を越えて会話を...

続きを見る