柔道の可能性〜「こころん柔道部」の取り組み〜

館長(コラム・講演・対談) 2019年5月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※写真は許可を得て”特定非営利活動法人こころんプロジェクトFacebookページ”より転載しています。
 
 
 

「こころん柔道部」をご存知でしょうか?
元世界チャンピオンでありオリンピアン、現在 東京女子体育大学 柔道部 監督である
佐藤愛子先生と、臨床心理士の中里文子さん(AGヒューマンサービス株式会社 代表取締役・特定非営利活動法人こころんプロジェクト 理事長)が主催している活動です。

 

様々な事情で児童養護施設で生活する子供たちに、東京女子体育大学の柔道場を拠点にして、佐藤先生が中心となり柔道を教えています。
 

 

【こころん柔道部HP】
https://cocoron-pj.com/support_menu/judo/
 
【孤高の元世界王者は今、格差を越えて寄り添う。女子柔道家・佐藤愛子の地域貢献】
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimurayukihiko/20180510-00085028/
 

 
 
先日 中里さんと佐藤先生が志道館に遊びに来てくれました。
お二人が取り組んでいることは、僭越ながら本当に価値のある、今の日本に必要な
活動だと感じています。
 
日本では元世界チャンピオンや元オリンピアンが、選手引退後、指導者となり競技柔道選手を育てていくことが一般的です。
それはそれですごく大切なことだと思います。
しかし、選手時代に実績のある選手が、佐藤先生のように競技以外の部分で柔道に
関わることも、すごく大切なことだと思います。そういうことに目を向けて、それを
実践する指導者が増えれば、その影響力は大きくもっともっと柔道は広まっていくと思います。
 
 
こころん柔道部で稽古に励む子供たちの人生にとって、柔道はきっと一筋の光になることでしょう。
 
こころん柔道部の活動は決して絶やしてはいけない活動であり、
私自身も何か協力できることがあれば、協力させていただきたいと思っています。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
館長・坂東真夕子

 

 
 
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

世界に誇れる日本の柔道

港南道場 2019年5月14日

全日本代表として日の丸を背負って柔道をする。これは多くの柔道選手が持っている夢だと思います。残念ながら、私は坂東館長...

港南道場

世界に誇れる日本の柔道

2019年5月14日 01:00

全日本代表として日の丸を背負って柔道をする。これは多くの柔道選手が持っている夢だと思います。残念ながら、私は坂東館長...

続きを見る

志道館杯を振り返って その2~「勝ち」より...

港南道場 2020年2月26日

志道館杯は、「勝利」だけを目指す大会ではありません。子ども達が、大会という場を通して「成長」することを最も大切にして...

港南道場

志道館杯を振り返って その2~「勝ち」より...

2020年2月26日 05:42

志道館杯は、「勝利」だけを目指す大会ではありません。子ども達が、大会という場を通して「成長」することを最も大切にして...

続きを見る

柔道を習うこと=“魔法”を手に入れること

館長(コラム・講演・対談) 2020年12月3日

2019年8月にご逝去された瀧本哲史さんの著作の一つに「ミライの授業(講談社)」という本があります(この本には嘉納治五郎師...

館長(コラム・講演・対談)

柔道を習うこと=“魔法”を手に入れること

2020年12月3日 03:47

2019年8月にご逝去された瀧本哲史さんの著作の一つに「ミライの授業(講談社)」という本があります(この本には嘉納治五郎師...

続きを見る