【子ども×運動系習い事】柔道を通して一番伝えたいこと。~命を大切にする~

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2023年5月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柔道の「受身(うけみ)」は「自分を大切にする」方法。

柔道は豪快な投技(なげわざ)が魅力である一方で、その対極にある「受身(うけみ)=上手に安全に相手に投げられること」は、投技以上に魅力があると私自身は感じています。
「上手な受身を身に付ける=安全に相手に投げられるようになる」ことこそが、柔道を習う醍醐味ではないかと、柔道場経営者としてまた柔道指導者として日々感じています。
 
 
柔道の受身の目的は大きく2つあります。
 
①投げられた時に頭を守ること。
②投げられた時に背部の衝撃を和らげること。
 
上記の目的を果たすために、自分の腕や手で畳を強く叩いたり、前方に回転したりします。
自分の身を守るために「受身」はあります。
つまり「受身」とは、「自分を大切にする方法・スキル」であると考えています。
 

 

 

「自分を大切にする」=「自分の命を大切にする」ということ。

「自分を大切にする」ということは、即ち「自分の命を大切にすること」だと思います。
遥か昔から脈々と続く縁により、私たちは命を授かりました。
奇跡的に授かった自分の命を大切にする、ということは人間としての大前提であると感じます。
 
 

「自分の命を大切にする」ことで芽生える「他者への思いやり」

柔道の受身は、前述した通り「自分を守るため」のものです。
しかし、実は「自分を守ること」で、投げた相手も守ることができます。
 
例えば、相手に投げられそうになった時に、相手に抱き付いたり、相手を引き込むように倒れたりすると、投げた相手もバランスを崩して、互いに怪我をする可能性が高まります。
自分の身を守れるからこそ、相手を守ることができるように、自分以外の他者を思う気持ちというのは、「自分の命を大切にする」ことで初めて芽生えてくるものではないでしょうか?
 

 

子供たちに伝えたいこと。

私自身が今一番子どもたちに望むのは、とにもかくにも「自分の命を大切にする人」になって欲しい、ということです。
自分を大切にしているからこそ、他者の気持ちを考え、思いやりを持った人になれるのだと思います。
 
先に例を挙げた「受身」だけでなく、柔道は人が生きていく上で大切な本質的なこと、根っこの部分を体感できる武道です。
文武一道塾志道館では、これからも柔道を通して未来を担う子どもたちの健やかな成長に寄り添っていきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
館長 坂東真夕子
 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

幼児・小学生クラス よくある質問

【幼児×小学生×習い事×柔道】よくあるご質問

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2023年6月14日

1)どんな子が習いにきていますか? 3歳から年長さんまでが【幼児クラス】 小学校1年生から小学校6年生までが【小学生クラ...

幼児・小学生クラス<稽古風景>

【幼児×小学生×習い事×柔道】よくあるご質問

2023年6月14日 15:44

幼児・小学生クラス よくある質問

1)どんな子が習いにきていますか? 3歳から年長さんまでが【幼児クラス】 小学校1年生から小学校6年生までが【小学生クラ...

続きを見る

生きる力を支えるのは「基礎」〜基礎学習の重...

港南道場 2021年7月2日

文武一道塾志道館は【生きる力を育む道場】です。 多様な価値観が溢れる現代社会では選択肢が多く、また細分化されています...

港南道場

生きる力を支えるのは「基礎」〜基礎学習の重...

2021年7月2日 07:45

文武一道塾志道館は【生きる力を育む道場】です。 多様な価値観が溢れる現代社会では選択肢が多く、また細分化されています...

続きを見る

世界に誇れる日本の柔道

港南道場 2019年5月14日

全日本代表として日の丸を背負って柔道をする。これは多くの柔道選手が持っている夢だと思います。残念ながら、私は坂東館長...

港南道場

世界に誇れる日本の柔道

2019年5月14日 01:00

全日本代表として日の丸を背負って柔道をする。これは多くの柔道選手が持っている夢だと思います。残念ながら、私は坂東館長...

続きを見る