「致知」2016年3月号に掲載されました!

お知らせ・メディア掲載情報 2016年2月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間を学ぶ月刊誌『致知(ちち)』

日本の良き心を取り戻すべく、世を憂い自己と真摯に向き合い続ける。

そんなコアなファンに根強く愛されている月刊誌”致知”。

以前から館長も購読していた雑誌に、今回インタビュー記事が掲載されることになりました。

 

【致知随想】に綴られた想い

”致知随想”というコーナーに綴られたのは、坂東の半生や志道館設立までの経緯、柔道にかける熱い想い。

坂東の人生が凝縮された随筆からは、館長の人柄がにじみ出るようでした。

 

 

文武一道塾 志道館のはじまり

四ツ谷の若葉一丁目に道場を構えたのは2013年のこと。

何にもない空間が少しずつ整えられていくのを見つめながら、「どんな子ども達が集まってくれるかな」と想像を膨らませました。「稽古はどのように進めていこうか」「クラス分けはどうしよう」「柔道を好きになってくれるといいな」と考え、試行錯誤したものでした。


 窓に木枠がつけられ、柔道畳が敷きつめられていく。小さいながらも、たくさんの願いを込めて作り上げた、こだわりの道場です。
今ではたくさんの子供達の声が響きます!

 

 

 人間の根っこを育てる教育の重要性

 

坂東はこのように語りました。

挑戦は始まったばかりですが、人間の根っこを育てる教育は、今後一層重要になると確信してやみません。私たちをモデルケースに、志を同じくする柔道指導者が続いてくれれば、教育界に一石を投じられるのではないか。そのことを思いつつ、きょうも教育に情熱を傾けています。

〜致知 2016年3月号 致知随想より抜粋〜

 

これからも坂東は自己の研鑽を重ね、力強く舵を切って行くことと思います。
皆様の今後益々のご支援、お力添えいただけたら幸いです。

 

 

 

館長秘書   近藤ともこ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

講道館柔道 発祥の地で感じたこと

成年部<女性・初心者・黒帯への道> 2018年5月8日

先日、館長と共に講道館柔道 発祥の地を訪ねました。   銀座線 稲荷町駅の隣にひっそりと佇む、 【永昌寺】  ...

成年部<女性・初心者・黒帯への道>

講道館柔道 発祥の地で感じたこと

2018年5月8日 08:56

先日、館長と共に講道館柔道 発祥の地を訪ねました。   銀座線 稲荷町駅の隣にひっそりと佇む、 【永昌寺】  ...

続きを見る

翻訳者(英語) 瀧澤亜希子さんのご紹介

お知らせ・メディア掲載情報 2017年10月7日

柔道えほん「ミッチのあいことば」。 いよいよ完成まで大詰めとなりました。     10月中には皆様にお届け...

お知らせ・メディア掲載情報

翻訳者(英語) 瀧澤亜希子さんのご紹介

2017年10月7日 06:20

柔道えほん「ミッチのあいことば」。 いよいよ完成まで大詰めとなりました。     10月中には皆様にお届け...

続きを見る

アウトプットにも、形・型がある! 〜「志ノ...

お知らせ・メディア掲載情報 2016年9月13日

私には、ある苦い思い出があります。 それは、2006年8月転職活動中の出来事。総合人材サービス 株式会社インテリジェンスの...

お知らせ・メディア掲載情報

アウトプットにも、形・型がある! 〜「志ノ...

2016年9月13日 09:17

私には、ある苦い思い出があります。 それは、2006年8月転職活動中の出来事。総合人材サービス 株式会社インテリジェンスの...

続きを見る