稽古風景(2017・10・30)〜子供たちの意見も取り入れながら〜

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2017年10月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は週のはじめ。
 
 
大人ならば「あー、今週もまたはじまったな」と
少々、憂鬱にもなる月曜日ですが
子供たちは元気いっぱい。
 
 
 
準備体操、ウォーミングアップの後は
子供たちの大好きな《ブルドッグ》をしました。
 
“ブルドッグ”の子供が待ち受けるところを
”子犬たち”がハイハイで突破します。
 
img_7110.jpg
 
捕まえたらすかさず寝技。
 
しっかり抑え込めたら、子犬→ブルドッグになり
今度はハイハイで突進してくる子犬を止める側になります。
 
img_7112.jpg

 
子供たちはこれが大好きで、
「今日、何やりたい?」と先生が訊ねると必ず『ブルドッグ!!』と声が上がります( ̄▽ ̄;)
 
 
 
次は《前回り受身からのジャンプ》
 
img_7113.jpg
 
前回り受身で起き上がったらすぐ、思い切りジャンプします。
 
img_7114.jpg
 
正しく美しい前回り受身をする稽古と
素早く次の行動に移れるよう瞬発力を養う練習を
組み合わせています。

 
 
 
そして、いよいよ《乱取り》
 
img_7116.jpg
 
子供同士組み合った後、先生も加わります。
 
img_7117.jpg
 
「さあ、全力で技をかけて!!」
 
img_7118.jpg
 
みんなそれぞれのペースで力をつけている。
それが組み合うとわかる、と先生方は言います。
 
 
 
本日の結びは《サーキットトレーニング》でした。
 
今日は20秒ごとに違うメニューに変えることに。
 
子供たちの意見も聞きながらメニューを組み立てました。
 
img_7120.jpg
 
 
通常は指導陣が指示を出し、それにそって稽古を進めるのですが
時々、こうして子供たちに意見を求めます。
 
何をやるか?どういう順番でやるか?
子供たちの主張も加えて、6つのメニューで構成されました。
 
 
 
そのうちの2つ。
 
★バービージャンプ
 
img_7121.jpg
 
★腰いれ
 
img_7122.jpg
 
 
 
子供たちに意見を求めながら稽古を進めると、時間がかかることもあります。
でもこれも大事な練習のひとつ。
言われたことをするだけの【指示待ちっ子】にならないよう、自分で考えて動くことができるようになってほしいと思っています。
 
 
自分の意見には責任が伴います。

 

自分の意見をきちんと言葉にして伝える。
みんなで話し合って決める。
決めたらちゃんとやり遂げる。

 
 
日々の稽古の中に
考える訓練、発言する練習
を取り入れています。
 
何事も、日々の積み重ねです!
 
 
 
 

館長秘書 近藤ともこ(こんとも)

 
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

西山将士 本郷光道 子供たちと乱取り

【四ッ谷・幼児小学生クラス】ロンドン五輪メ...

館長(コラム・講演・対談) 2021年4月14日

先日、2012年ロンドン五輪銅メダリスト・西山将士さん(Prover株式会社 CEO)、全日本柔道連盟の本郷光道さん(中央大学柔道...

館長(コラム・講演・対談)

【四ッ谷・幼児小学生クラス】ロンドン五輪メ...

2021年4月14日 07:30

西山将士 本郷光道 子供たちと乱取り

先日、2012年ロンドン五輪銅メダリスト・西山将士さん(Prover株式会社 CEO)、全日本柔道連盟の本郷光道さん(中央大学柔道...

続きを見る

〈幼児・小学生への柔道指導〉袈裟固(けさが...

館長(コラム・講演・対談) 2020年11月14日

先日の幼児・小学生クラスでは、年中・年長児たちが抑え込み技の一つである袈裟固(けさがため)に取り組みました。  ...

館長(コラム・講演・対談)

〈幼児・小学生への柔道指導〉袈裟固(けさが...

2020年11月14日 02:26

先日の幼児・小学生クラスでは、年中・年長児たちが抑え込み技の一つである袈裟固(けさがため)に取り組みました。  ...

続きを見る

港南道場 子供たち後ろ受け身

「受身」はライフスキル!柔道は「受身」を習...

館長(コラム・講演・対談) 2021年6月11日

柔道の基本は「受身(うけみ)」です。   相田みつをさんの詩にもありますが、柔道の「受身」は「負ける練習」で...

館長(コラム・講演・対談)

「受身」はライフスキル!柔道は「受身」を習...

2021年6月11日 07:55

港南道場 子供たち後ろ受け身

柔道の基本は「受身(うけみ)」です。   相田みつをさんの詩にもありますが、柔道の「受身」は「負ける練習」で...

続きを見る