まずは、身体を鍛える!!〜子どもの発育発達に最適な柔道〜

館長(コラム・講演・対談) 2016年8月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リオオリンピック柔道競技、日本人選手が大活躍でした。
その中でも、金メダルに輝いた、男子−73kg級大野将平選手は、男子−90kg級ベイカー茉秋選手は、フィジカル面で外国人選手を圧倒していたように感じました。分厚い柔道着の上からも、鍛え上げられた筋肉の張りが伝わってきました。大野選手の首が顔よりも太い様子は、柔道家のバイブル「柔道部物語」の西野くんや、「北斗の拳」のラオウを想起させます。
 
 
柔道は対人競技です。いくら素晴らしい技術を持っていても、力負けしていたら、その技術を出す前に負けてしまいます。また、一定以上の筋力がなければ、技のキレを得ることもできません。私も選手時代には、ウエイトトレーニングを重要視していました。
 

何を持ってしても、まずは「体」だと、オリンピックを見て改めて認識することができました。そして、それは何も柔道選手や一部のアスリートに限ったことではないと思います。
 

仕事だって、子育てだって、体力を使います。「生きる」ということそのものが、「体が資本」なのではないでしょうか。
そして、その体は、大人になってから鍛えようと思っていても、なかなか難しいと思います。
子どもの内から、武道やスポーツに馴染み、運動習慣を身につけることが大切です。
一にも二にも「体」を鍛えることで、「心」と「頭」が育まれる、私はそう考えています。
詳細はこちらをご覧ください。

子どもの発育発達に最適な柔道①

子どもの発育発達に最適な柔道②

子どもの発育発達に最適な柔道③

 

女子柔道で唯一の金メダリストとなった田知本遥選手。田知本選手も、素晴らしいフィジカルを持ち合わせていたことは、あの試合振りを見ると容易に想像できます。しかし、私は、どちらかと言うと、「心」で外国人選手を圧倒していたように思います。その「心」も鍛え上げられた「体」・「技」があってこそのことでしょう。

 
 
子どもたちよ、君たちは将来何にだってなれる!
何をするにしても、鍛えられた身体は必ず君たちのプラスになるはずだ。
道場で鍛えた身体を、世のため人のために役立てるのだ。
柔道をやらせてくれたご両親に感謝して、今、ここでがんばれー。
 
 
 
 

館長・坂東真夕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

子供から「好きなことって、仕事にできるの?...

館長(コラム・講演・対談) 2017年2月9日

「先生!好きな事って、仕事にできるの?」 勉強時間中に、小2男子からふいに聞かれた質問。   私は「できるよ!...

館長(コラム・講演・対談)

子供から「好きなことって、仕事にできるの?...

2017年2月9日 08:02

「先生!好きな事って、仕事にできるの?」 勉強時間中に、小2男子からふいに聞かれた質問。   私は「できるよ!...

続きを見る

まずは畳に触れ合おう!〜3歳児プレ入門クラ...

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2017年9月19日

志道館では3歳から入門可能です。     ☆3歳児の挑戦! https://www.bunbuichido.net/20170323practice/ ...

幼児・小学生クラス<稽古風景>

まずは畳に触れ合おう!〜3歳児プレ入門クラ...

2017年9月19日 11:13

志道館では3歳から入門可能です。     ☆3歳児の挑戦! https://www.bunbuichido.net/20170323practice/ ...

続きを見る

港南道場 子供たち後ろ受け身

「受身」はライフスキル!柔道は「受身」を習...

館長(コラム・講演・対談) 2021年6月11日

柔道の基本は「受身(うけみ)」です。   相田みつをさんの詩にもありますが、柔道の「受身」は「負ける練習」で...

館長(コラム・講演・対談)

「受身」はライフスキル!柔道は「受身」を習...

2021年6月11日 07:55

港南道場 子供たち後ろ受け身

柔道の基本は「受身(うけみ)」です。   相田みつをさんの詩にもありますが、柔道の「受身」は「負ける練習」で...

続きを見る