「打ち込み」で一年を締めくくる!〜2017年成年部稽古納めレポート〜

館長(コラム・講演・対談) 2018年1月4日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年稽古納めの日、文武一道塾 志道館 成年部では年越し1,000本打ち込みという訳にはいきませんでしたが、一年の締めくくりとして「打ち込みマラソン」を実施しました!

 

“打ち込み”とは、技をつくるためになくてはならない稽古メニューの一つです。
乱取り程の派手さはなく単調な反復動作の繰り返し。心身共にきついし、しんどい。
もし「選手時代に一番きつかった稽古は?」と聞かれたら、私は迷わず「打ち込み!」と答えます。

 

19:00から始まった成年部稽古。
 
30分間はいつも通りのウォーミングアップ。
その後19:30〜20:30の1時間、各ペアで打ち込み開始!
各々休憩をはさみながら、それぞれがそれぞれの限界に挑みました。
 
20代黒帯トリオは回数が分からなくなるほどひたすら打ち込み続け、40代&50代の柔道初心者ペアは渾身の450本!女性同士の初心者ペアも300本以上!私もこの日だけは自分自身の“打ち込み”に没頭させていただき、選手時代を思い出しつつの500本!等々、1時間後汗だくになった皆さんの顔からは充実感が伺えました。

 
 
“打ち込み”とは、最も自分が問われる稽古だと思います。
どこまで真剣にやるか、どこまで力強くやるか、どこまで追い込むかは全て自分次第。自分の弱さと向き合い、自分を鼓舞し自分の限界を決めず、コツコツやり続け
る。
しかし、弱い自分と対峙することの苦しさを乗り越えることができた気持ちよさは
何者にも代え難い。これこそ本当のリフレッシュなのではないかと思う。

 

私にとっても、参加した塾生さんにとってもいい一年の締めくくりとなりました!
これからは成年部の恒例行事にしていきたいと思います。

 

 
 
 

館長・坂東真夕子

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

「受身」は一生の宝~「受身」を楽しく身につけよ...

港南道場 2019年12月27日

「私は『受け五段』です。実際には弐段ですが、受身には自信があるんですよ。」   「受け○段」。 投げることよりも、...

港南道場

「受身」は一生の宝~「受身」を楽しく身につけよ...

2019年12月27日 03:33

「私は『受け五段』です。実際には弐段ですが、受身には自信があるんですよ。」   「受け○段」。 投げることよりも、...

続きを見る

人生は、「身配り、気配り、体捌き(たいさば...

館長(コラム・講演・対談) 2016年1月29日

「体捌」とは?   「体さばき」とは、技を掛けたり相手の技を防ぐために自分の体の位置、向きを変える動作のことを...

館長(コラム・講演・対談)

人生は、「身配り、気配り、体捌き(たいさば...

2016年1月29日 03:10

「体捌」とは?   「体さばき」とは、技を掛けたり相手の技を防ぐために自分の体の位置、向きを変える動作のことを...

続きを見る

2016年5月27日(金)講演レポート 〜東京中...

館長(コラム・講演・対談) 2016年6月2日

2016年5月27日(金)、東京中小企業家同友会の方にお招きいただき、坂東が講演をさせていただきました。 『生きる力を経営...

館長(コラム・講演・対談)

2016年5月27日(金)講演レポート 〜東京中...

2016年6月2日 04:22

2016年5月27日(金)、東京中小企業家同友会の方にお招きいただき、坂東が講演をさせていただきました。 『生きる力を経営...

続きを見る