【四ツ谷本部道場】 幼児・小学生クラス〜3歳児と小学6年生の対決!!〜

館長(コラム・講演・対談) 2020年10月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文武一道塾 志道館では、幼児と小学生が同じ時間帯に合同で稽古をしています。
(四ッ谷本部道場 金曜日英語クラスは小学生のみのクラスです)。
 
江戸時代薩摩藩の【郷中教育】をモチーフにしました。

 

 
※【郷中教育】とは?
https://globis.jp/article/6932
 

 

体験に来られた幼児の保護者さまから「小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんがよく面倒を見てくれたので、感動しました」と仰っていただけることも多々あり、そんな時は私自身もすごく嬉しくて誇らしい気持ちになります。

 

縦割りの稽古は色々と工夫しなければいけないことが多いです。
柔道の技術部分は、小学生と幼児を分けて練習しますが、それ以外のアクティビティやトレーニングは合同で実施しています。

 

安全で、年代かかわらず楽しくて、みんなで一緒にやれて、体力的には少しキツい、そんなアクティビティやトレーニングメニューをいつも考えてます。

 

先日の四ッ谷本部道場の稽古では、人数は少なかったのですが3歳児〜小学6年生と年齢幅が大きいメンバーでした。
 
そこで、考えついたのが「体捌き鬼ごっこ」です。
 
3歳児が鬼。小学生は黄色の畳から出たり、鬼にタッチされたら負け。
小学生が全力で走るのはNG。軽快な身のこなしや体を捌いて逃げます。
3歳児と小学生のマンツーマンの勝負です。
 
3歳児と小学生 体さばきゲーム
 
3歳児は無心で小学生のお兄ちゃんを追いかけます。
小学生は全力で走りたい気持ちを抑えながら、ルールをしっかり守り、逃げ続けます。
1分間の対戦が終了した後、小学6年生は息を切らしていました。

 
3歳児と小学生 体さばきゲーム その2
 
3歳児も小学生もいいトレーニングになりました!

 
 
 
 

 
 

館長・坂東真夕子

 

 
 

 
 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

「個性の尊重」と「秩序の維持」

港南道場 2020年5月13日

昨今、教育を語る中で 「子どもの個性を尊重する」 「子どもを規則や決まりで縛るのではなく、本人の意志で自由にやらせる...

港南道場

「個性の尊重」と「秩序の維持」

2020年5月13日 07:04

昨今、教育を語る中で 「子どもの個性を尊重する」 「子どもを規則や決まりで縛るのではなく、本人の意志で自由にやらせる...

続きを見る

「左右両組み」に挑戦~「急がば回れ」右も左...

港南道場 2019年7月1日

※写真(福見友子杯 参加者名簿)   この写真は、今年3月に行われた「福見友子杯」の参加者名簿の一部です。ご覧...

港南道場

「左右両組み」に挑戦~「急がば回れ」右も左...

2019年7月1日 03:36

※写真(福見友子杯 参加者名簿)   この写真は、今年3月に行われた「福見友子杯」の参加者名簿の一部です。ご覧...

続きを見る

英語で会話をしてみよう!国境を越えたコミュ...

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう> 2015年12月15日

English Dojo Special Learning Classの授業の一環で、オーストラリアに一時帰国しているスコット先生と”国境を越えて会話を...

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう>

英語で会話をしてみよう!国境を越えたコミュ...

2015年12月15日 02:37

English Dojo Special Learning Classの授業の一環で、オーストラリアに一時帰国しているスコット先生と”国境を越えて会話を...

続きを見る