英語で会話をしてみよう!国境を越えたコミュニケーション★(ビデオチャットを体験)

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう> 2015年12月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

English Dojo Special Learning Classの授業の一環で、オーストラリアに一時帰国しているスコット先生と”国境を越えて会話をしてみよう”という取り組みをしました!

 

スコット先生とのLINEでの会話①

 

この日までに、子供たちには

「スコット先生に聞きたい質問」

「スコット先生に伝えたいこと」

などを日本語で考えてもらいました。

それを先生が英語に訳したものを「覚えて来てね」と言って手渡し、その文章を繰り返し練習してもらいました。

 

ネットを通じてオーストラリアに滞在しているスコット先生と繋がる体験。
子どもたちは、緊張した様子で何度も覚えた英文を繰り返し発音していました。

 

さ、通じるかな?

スコット先生とのLINEでの会話②

 

スコット先生にはあらかじめ「大人は手伝いません。子供たちだけで会話をさせます。彼らの言っていることが聞き取りにくかったり理解しにくい場合でも【日本語禁止】でお願いします!」と事前に伝えておいたこともあり
スコット先生が英語で優しくリードしてくださる中、”英語のみ”の会話を体験しました。

 

 

最初は戸惑っていた子供たちも、自分の英語が通じた喜びを味わっていた様子でした。

 

 

後ほど親御様に話しを伺うと「今度、スコット先生と英語で話すんだ~、って楽しそうに練習してました。起きてすぐ英文を繰り返し発音してみたりして。忘れないように、すらすら言えるようにと、繰り返し練習して楽しみにしていたんですよ」との言葉。

 

こうして少しずつでも「英語のみで会話をするドキドキ、面白さ」「自分の英語が通じるんだ!と自信をもてる体験」を重ねて、物怖じせずに英語を使ってコミュニケーションできるようになってほしいなぁと思いました。

 

 

 

 

ちなみに。

”なんでハチマキしてるの?”って思いました??

最近、English Dojo Special Learning Classでは子どもたちが楽しんで英語のレッスンに取り組めるように「goodだったら1ポイント」というルールを設けています。
発音が良かったり、先生の言っている英語に正しく反応して動けたりしたら、シール1枚。

それをためると、ハチマキにワッペンが増えていく、というやり方です。

ハチマキをしたらそこからは英語オンリーの時間!
学びと遊びを組み合わせながらレッスンを進めています。

 

レッスン内容はこちらをご参照ください。
English Dojo Special Learning Classとは??

 

 

 

 

レポート   近藤ともこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

スコット先生、おかえりなさい!

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう> 2016年2月3日

母国オーストラリアに一時帰国されていたスコット先生(水曜日 English Dojo担当)が復帰されました! 先生の帰りを待ちわ...

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう>

スコット先生、おかえりなさい!

2016年2月3日 08:17

母国オーストラリアに一時帰国されていたスコット先生(水曜日 English Dojo担当)が復帰されました! 先生の帰りを待ちわ...

続きを見る

学習サンドイッチ~学童施設としての柔道場~

港南道場 2019年12月11日

志道館は、柔道と学習ができる「学童施設」でもあります。今回は、平日の稽古前後の様子をご紹介します。     ...

港南道場

学習サンドイッチ~学童施設としての柔道場~

2019年12月11日 08:50

志道館は、柔道と学習ができる「学童施設」でもあります。今回は、平日の稽古前後の様子をご紹介します。     ...

続きを見る

小1男子 リボン結びに挑戦

港南道場 【小学生クラス】〜小学1年生男子、...

港南道場 2020年8月4日

港南道場の小学校1年生の男の子。 この春に幼児クラスから小学生クラスにあがりました。   幼児クラスの頃は、着替...

港南道場

港南道場 【小学生クラス】〜小学1年生男子、...

2020年8月4日 01:44

小1男子 リボン結びに挑戦

港南道場の小学校1年生の男の子。 この春に幼児クラスから小学生クラスにあがりました。   幼児クラスの頃は、着替...

続きを見る