限界値を引き上げる

館長(コラム・講演・対談) 2017年2月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の稽古で意識していること。

それは「その子の限界値を引き上げる」ということ。
 
 
具体的には、入門から概ね2年くらい経った子、週に複数回通っており、だいぶ体力がついてきた子、柔道そのものが楽しくてモチベーションが高い子と乱取りをする時には、意識して厳しくしてます。

 
私自身を振り返ってみても、自分の限界値は、自分で超えることはできないと思います。
他者から引き上げられるものではないかと思うのです。一度引き上げられた限界値は、そんなに簡単には衰退しないと考えています。なぜなら「ここまでやった、ここまでできた」という経験は、自分の血肉となり自信になるからです。

 
 
金曜日クラスは、小学生だけのクラスで、少人数なので、先週、いつもよりもハードな稽古メニューを組みました。稽古終了後、ある男の子は「今までの柔道で一番きつかったー」と満足げな表情でした。
一つの事を乗り越えた時の充実感が滲み出ていたように思います。

 
 

入門後、まずは、柔道や道場という場所そのものを好きになってもらう。
その為には、まず子ども達に「楽しさ」を提供する。
回数を重ねていく内に、段々と色々なことができるようになる。
小さな成功体験を積み重ねることで、「楽しみ」をより深める。
「厳しさ」も加味する。
「楽しみ」が単なるenjoyに留まらず、enrich(自分自身を高める、富ませることの楽しさ)まで深化したら、適度な負荷を掛け、その子の限界値を引き上げる。
 
そして、柔道を通して、自分の限界にチャレンジした経験は、人生の自信となり糧となることでしょう。

 

 

 

がんばれ、みんな!!
 
 
館長・坂東真夕子

 
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

柔道も勉強もがんばろう!~「文武一道」を目...

港南道場 2019年6月15日

  武のみに偏せず、同時に文にも偏せぬ両方面に、同時に関心を有する人であってほしい   嘉納治五郎師範 &...

港南道場

柔道も勉強もがんばろう!~「文武一道」を目...

2019年6月15日 10:08

  武のみに偏せず、同時に文にも偏せぬ両方面に、同時に関心を有する人であってほしい   嘉納治五郎師範 &...

続きを見る

4歳児 見事なブリッジ

嘉納治五郎の「癇癪」は、なぜ柔術によって改...

館長(コラム・講演・対談) 2020年8月20日

柔道の創始者・嘉納治五郎は、22歳で講道館を創設する前に、約5年間柔術の修行を積んでいます。   名家の出身であ...

館長(コラム・講演・対談)

嘉納治五郎の「癇癪」は、なぜ柔術によって改...

2020年8月20日 04:46

4歳児 見事なブリッジ

柔道の創始者・嘉納治五郎は、22歳で講道館を創設する前に、約5年間柔術の修行を積んでいます。   名家の出身であ...

続きを見る

子供たちの感想文〜志道館杯を終えた今の気持...

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2016年12月21日

志道館杯の後、子供たちは志ノートに【感想文】を書きました。 みんなそれぞれ「悔しかった」「楽しかった」「また頑張りた...

幼児・小学生クラス<稽古風景>

子供たちの感想文〜志道館杯を終えた今の気持...

2016年12月21日 08:14

志道館杯の後、子供たちは志ノートに【感想文】を書きました。 みんなそれぞれ「悔しかった」「楽しかった」「また頑張りた...

続きを見る