柔道・柔道教室・柔道場の可能性を模索せよ!② 〜柔道場で思いっきり体を動かそう!幼児体育メソッドの開発〜

港南道場 2019年5月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

可能性模索シリーズ、二つ目はこれです。

 

 

柔道教室である志道館ならではの幼児体育メソッドを開発し、四ッ谷本部道場・港南道場の近隣の保育園にこの幼児体育メソッドを有料サービスとして提供できないかと考えています。

 

 

保育時間内に体育の時間があるイメージです。
保育士さんに散歩がてら道場に園児達を連れて来ていただき、道場(四ッ谷本部道場または港南道場)で専門トレーナーが園児たちに幼児体育メソッドを施します。

 

 

今日は、その打ち合わせ。
最近、志道館コラムで登場回数が多い健康革命家の山口敬志さん(パーソナルスタジオ earth 代表)。
トレーニングのプロです。
 
 
お陰様でとても有意義な打ち合わせができました!
 
 

山口敬志 氏
https://www.k-kakumei.com
 
https://peraichi.com/landing_pages/view/pf4fy

 

 
 
 
 
幼児体育メソッドのポイントは、まずは園児にとって楽しいこと。
次に、特定の動きや能力を鍛えるのではなく、将来どんな運動にも適用できるような汎用性のある体を作り、コーディネーション能力を高め運動好きな子を育てること。
そして、その中に柔道の受身も取り入れて、自分の身を守る受身というライフスキルを手に入れること。
また、先日 綾川がコラムで書いたように、道場で「裸足」で体を動かすことは、園児たちの発育発達によい影響を与えます。
 
 
 
綾川コラム
【柔道は「はだし教育」〜「はだし」って気持ちいい!〜】

 
 
 
 
さらには道場内は空調も完備されていますので、猛暑の日でも熱中症の危険性は、外で遊ぶよりは低くなります。
「暑いから外に出れない→園児たちは運動不足になる」では、園児たちの心と体の発育発達という観点からも好ましくはありません。
 
 
保育園に子供を預ける保護者にとっても、子供を預けている間に体育分野で専門的なクラスがあることはメリットではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
2019年7月リリース目指しています。
 
 
 
 
 
館長・坂東真夕子

 

 
 
 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

近代柔道2021年5月号

近代柔道2021年5月号《女性指導者インタビュ...

お知らせ・メディア掲載情報 2021年4月22日

本日、4月22日(木)に発売される【近代柔道 2021年5月号】 《女性指導者インタビュー》 に坂東真夕子館長のインタビュ...

お知らせ・メディア掲載情報

近代柔道2021年5月号《女性指導者インタビュ...

2021年4月22日 00:55

近代柔道2021年5月号

本日、4月22日(木)に発売される【近代柔道 2021年5月号】 《女性指導者インタビュー》 に坂東真夕子館長のインタビュ...

続きを見る

男性指導者、大募集!!〜プライベート稽古〜

館長(コラム・講演・対談) 2020年9月3日

先日の女性指導者に続き、男性指導者の募集です!     ①プライベート稽古とは? マンツーマンで指導していただ...

館長(コラム・講演・対談)

男性指導者、大募集!!〜プライベート稽古〜

2020年9月3日 12:28

先日の女性指導者に続き、男性指導者の募集です!     ①プライベート稽古とは? マンツーマンで指導していただ...

続きを見る