【港南道場 小学生クラス】〜体幹トレーニングで限界に挑戦!〜

港南道場 2020年9月8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

港南道場 小学生クラスのある木曜日。
 

この日は参加人数3人と少ない日でしたが、3人とも集中して意欲的でとても良い稽古になりました。
 
 

受け身の練習をするとき。
いつもは先生の号令に合わせて受け身を取りますが、その日は「先生の号令プラス3人で受け身をとるタイミングを合わせよう」という声がでてきて、3人でお互いを気にかけながら息ぴったりのタイミングで受け身を始めました。
 

港南道場 3人揃えて横受身
 

それが彼らにとってとても心地よいことだったようで、後ろ受け身・横受け身・前周り受け身も全て、集中してタイミングを合わせておこなっていました。本当にきれいに揃っていて何かの演目を見ているような気持ちになりました。

 
港南道場 小学生 揃って後ろ受身
 

その後、乱取りを1人ずつ先生と行う時間。待っている子は近藤先生と「鬼の体幹トレーニング」。
 
 

「できない」というかなと思っていましたが、みんな記録をどんどん塗り替えて必死に頑張っていました。ストップウォッチと睨めっこしながら自分の限界に挑戦。あとちょっと、あとちょっとと頑張って踏ん張る姿が素晴らしかったです。

 

みんなが集中してスムーズに稽古が進んだので、残りの時間に好きなことをやる時間にしました。「何をしたい?」と聞くと「体幹トレーニング」というのでとても驚きました。
 

私はてっきり「鬼ごっこ」とか「サーキット」などの答えがかえってくると予想していたからです。そして3人のうち誰も「えー」とか「やりたくない」と言わずに「やろう!」と前向きに決まったことにも感心しました。

 
ストラップウォッチを見ながら体幹トレーニング
 

3人でストップウォッチを真ん中に置いて「体幹トレーニング」を始めました。地味に見えてとてもきついトレーニング。みんな黙ってひたすら頑張る姿がとても頼もしく、微笑ましかったです。最長タイムは1年生の男の子の7分23秒、最後はみんな体がブルブルするまで本当によく頑張りました。

 

体幹トレーニングが楽しい遊びになってしまうとは私の思考にはないものだったので、子供たちの中では《楽しく行えたら遊びもトレーニングも同じ》なんだなと強く感じた出来事でした。そして素直な子供たちが体幹トレーニング直後、お互いに「腹筋がかたくなってる」と触り合う姿にもほっこりしました。
 

鬼ごっこのときにも思いましたが、トレーニングをすると身構えると「辛そう」なイメージが先行することもありますが、楽しい遊びとして取り入れられるとこんなにも前向きに楽しくトレーニングができるのだと思いました。
今後も楽しくトレーニングを取り入れていけるように試行錯誤していきたいと思います。

 
 
 
 

 

野尻 麻実
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

発達障害と不登校〜志道館フリースクールクラ...

港南道場 2019年9月25日

本日午前中に、坂東、近藤、綾川の3人で「発達障害・精神障害の子どもの支援に関わる人のための心理学講座」に参加してきまし...

港南道場

発達障害と不登校〜志道館フリースクールクラ...

2019年9月25日 11:13

本日午前中に、坂東、近藤、綾川の3人で「発達障害・精神障害の子どもの支援に関わる人のための心理学講座」に参加してきまし...

続きを見る

「文武一道塾」の昇級試験〜昇級試験を通した...

港南道場 2019年7月22日

突然ですが、問題です。 「嘉納師範遺訓」の(    )内に入る言葉は、それぞれ何でしょうか?   ​  ...

港南道場

「文武一道塾」の昇級試験〜昇級試験を通した...

2019年7月22日 08:20

突然ですが、問題です。 「嘉納師範遺訓」の(    )内に入る言葉は、それぞれ何でしょうか?   ​  ...

続きを見る

古典の素読は【コミュニケーション能力】を高...

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2016年11月24日

古典の素読は、【コミュニケーション能力】を高める 文武一道塾 志道館の取り組み 文武一道塾 志道館 幼年部・少年部では...

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

古典の素読は【コミュニケーション能力】を高...

2016年11月24日 07:07

古典の素読は、【コミュニケーション能力】を高める 文武一道塾 志道館の取り組み 文武一道塾 志道館 幼年部・少年部では...

続きを見る