【港南道場 小学生クラス】〜体幹トレーニングで限界に挑戦!〜

港南道場 2020年9月8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

港南道場 小学生クラスのある木曜日。
 

この日は参加人数3人と少ない日でしたが、3人とも集中して意欲的でとても良い稽古になりました。
 
 

受け身の練習をするとき。
いつもは先生の号令に合わせて受け身を取りますが、その日は「先生の号令プラス3人で受け身をとるタイミングを合わせよう」という声がでてきて、3人でお互いを気にかけながら息ぴったりのタイミングで受け身を始めました。
 

港南道場 3人揃えて横受身
 

それが彼らにとってとても心地よいことだったようで、後ろ受け身・横受け身・前周り受け身も全て、集中してタイミングを合わせておこなっていました。本当にきれいに揃っていて何かの演目を見ているような気持ちになりました。

 
港南道場 小学生 揃って後ろ受身
 

その後、乱取りを1人ずつ先生と行う時間。待っている子は近藤先生と「鬼の体幹トレーニング」。
 
 

「できない」というかなと思っていましたが、みんな記録をどんどん塗り替えて必死に頑張っていました。ストップウォッチと睨めっこしながら自分の限界に挑戦。あとちょっと、あとちょっとと頑張って踏ん張る姿が素晴らしかったです。

 

みんなが集中してスムーズに稽古が進んだので、残りの時間に好きなことをやる時間にしました。「何をしたい?」と聞くと「体幹トレーニング」というのでとても驚きました。
 

私はてっきり「鬼ごっこ」とか「サーキット」などの答えがかえってくると予想していたからです。そして3人のうち誰も「えー」とか「やりたくない」と言わずに「やろう!」と前向きに決まったことにも感心しました。

 
ストラップウォッチを見ながら体幹トレーニング
 

3人でストップウォッチを真ん中に置いて「体幹トレーニング」を始めました。地味に見えてとてもきついトレーニング。みんな黙ってひたすら頑張る姿がとても頼もしく、微笑ましかったです。最長タイムは1年生の男の子の7分23秒、最後はみんな体がブルブルするまで本当によく頑張りました。

 

体幹トレーニングが楽しい遊びになってしまうとは私の思考にはないものだったので、子供たちの中では《楽しく行えたら遊びもトレーニングも同じ》なんだなと強く感じた出来事でした。そして素直な子供たちが体幹トレーニング直後、お互いに「腹筋がかたくなってる」と触り合う姿にもほっこりしました。
 

鬼ごっこのときにも思いましたが、トレーニングをすると身構えると「辛そう」なイメージが先行することもありますが、楽しい遊びとして取り入れられるとこんなにも前向きに楽しくトレーニングができるのだと思いました。
今後も楽しくトレーニングを取り入れていけるように試行錯誤していきたいと思います。

 
 
 
 

 

野尻 麻実
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

2017年8月10日〜12日、勝浦にて柔道 夏季鍛錬...

成年部<女性・初心者・黒帯への道> 2017年8月16日

この夏、志道館初の試みとして、柔道の稽古を中心とした合宿を計画しました。   夏合宿を計画中!(過去記事) h...

成年部<女性・初心者・黒帯への道>

2017年8月10日〜12日、勝浦にて柔道 夏季鍛錬...

2017年8月16日 10:29

この夏、志道館初の試みとして、柔道の稽古を中心とした合宿を計画しました。   夏合宿を計画中!(過去記事) h...

続きを見る

サッカーして遊ぶ幼児たち

【幼児と柔道】コロナ禍での柔道場での過ごし方

館長(コラム・講演・対談) 2020年11月25日

冒頭の写真は稽古前の一コマ。     年中児と年長児がサッカーをしています。 大人の私が見ているとどこがゴー...

館長(コラム・講演・対談)

【幼児と柔道】コロナ禍での柔道場での過ごし方

2020年11月25日 06:57

サッカーして遊ぶ幼児たち

冒頭の写真は稽古前の一コマ。     年中児と年長児がサッカーをしています。 大人の私が見ているとどこがゴー...

続きを見る

柔道を習うこと=“魔法”を手に入れること

館長(コラム・講演・対談) 2020年12月3日

2019年8月にご逝去された瀧本哲史さんの著作の一つに「ミライの授業(講談社)」という本があります(この本には嘉納治五郎師...

館長(コラム・講演・対談)

柔道を習うこと=“魔法”を手に入れること

2020年12月3日 03:47

2019年8月にご逝去された瀧本哲史さんの著作の一つに「ミライの授業(講談社)」という本があります(この本には嘉納治五郎師...

続きを見る