【文武一道塾 志道館 セクシャルハラスメント・パワーハラスメント ガイドライン】を制定します

塾生様が健全に柔道を楽しむことができるよう、本ガイドラインを設けます。
本ガイドラインに抵触し、その行為が悪質だと認められる場合、また故意ではなくてもセクハラ・パワハラと取られかねない行為があり、注意を受けても改善が認められない場合は指導者の任を解き、文武一道塾 志道館 四ッ谷本部道場・港南道場には出入り禁止とさせていただきます。

 

目次

【文武一道塾 志道館 セクシャルハラスメント・パワーハラスメント ガイドライン】

 

社会通念上セクシャルハラスメント・パワーハラスメントとみなされる言動は、道場内及び道場外での塾生様との関わりの中で、一切禁止致します。

セクシャルハラスメントとは異性間のみ起こり得るものではなく、同性間でも起こり得ることをご認識ください(同性同士でも下ネタを嫌う人もいますし、同性でも聞かれたくないこともあります)。

 

男性指導者が女性塾生と組み合うことを原則禁止致します。

柔道経験者であれば、男性と女性が楽しく立技や寝技の乱取りをしている風景は日常かもしれませんが、そこはリセットして「女性は親しくない男性と至近距離で組み合うことに抵抗がある」という前提に立ち指導に臨んでください。
女性の方がニコニコしていたとしても内心は嫌がっていることもあります。
 

⑴稽古を担当する際、女性の参加者が一人だった場合の対応について

・女性塾生に「今日の稽古で自分(男性指導者)と組み合っても問題ないですか?」と必ず声をかけてください。男性指導者と組み合うことを容認した場合は組み合っても構いません。但し、女性塾生が組み合うことを容認したとしても、寝技は避けてください。
また、「受身」「体捌き」「一人打ち込み」等単独練習を多めにして、女性塾生と組み合う時間は最小限にとどめてください。

 

・もし女性塾生が男性指導者と組み合うことを容認しなかった場合は、単独練習メニューを組み立て、全体とは別に単独練習に取り組んでいただいてください。
 
 

⑵女性塾生が2名以上参加していたとしても、実力に差があった場合の対応について

〈例〉Aさん(中高部活経験者)とBさん(入門したばかりの初心者・受身もままならない)が参加した場合

 

・Bさんの受けは、Aさんがする。
 
・Aさんが容認すれば、Aさんの受けは男性指導者がする。但し、女性塾生が組み合うことを容認したとしても、寝技は避けてください。
また、「受身」「体捌き」「一人打ち込み」等単独練習を多めにして、女性塾生と組み合う時間は最小限にとどめてください。
 
・Aさんが男性指導者の受けを容認しなかった場合には、単独練習メニューを組み立て、全体とは別に単独練習に取り組んでいただいてください。
 
 

⑶男性指導者が技の説明をする際の対応について

その受け役として女性塾生を指名することを禁止致します。男性指導者は男性塾生に受けてもらってください。

 

女性塾生が望んだとしても、男性塾生とは組ませない(男性塾生の方が抵抗を感じる場合もあります)。

 

女性塾生が女性更衣室で着替えている時に、男性指導者は女性更衣室付近には近づかない。

 

稽古が終わって着替えて退館する際、最後まで女性塾生が一人残ってしまった場合は、男性指導者は靴箱前のドア付近で待機する。女性指導者と男性塾生の場合も同様。

 

港南道場のエレベーターには、異性の塾生と二人きりで乗らない(指導者は階段を使用してOK)。

 

報知新聞社ビルから品川駅行きのバスに乗車する際、異性の塾生の隣に座らない。

 

指導者が自分が担当する稽古の中で、もしかしたら塾生様に不快感を与えてしまったかもしれない、と思い当たることがあった場合には速やかに坂東まで報告してください。

 

指導者が塾生様からセクシャルハラスメント・パワーハラスメント・カスタマーハラスメントを受けた場合には、速やかに坂東まで報告してください。

 
 
以上です。

 

【李下に冠を正さず】の精神で、塾生様とのコミュニケーションには慎重を期していただくようお願い致します。

 

 

 

2020年6月25日
文武一道塾 志道館 館長
坂東真夕子