稽古風景(2018・5・24)〜仲間がいるから成長できる〜

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2018年5月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志道館の子供クラスは1つ、です。
「小さい子のクラス」とか「バリバリやりたい子のクラス」とか
実力の違いや年齢の違いでクラスを分けたりしていません。
 

3歳から小学校6年生が一緒に稽古します。

 
 

柔道をはじめて間もない子
小柄な子
おとなしい子
負けず嫌いで勝気な子
恥ずかしがり屋な子

 

それぞれ置かれている状況や性格、体格などに違いがある
いろんな子がいます。
 
気が合うとか合わないとか
こっちの子が好きとか苦手とか
子供ながらにいろいろあると思いますが
いろいろある、
けどやるべきことはきちんとやる。

幼い子にも、高学年の子にも
同じことを言い続けています。

 
 
 
稽古メニューにはあえて
 
・ペアでやるもの
・チームでやるもの
 
を多く組み込んでいます。
 
 
 
 
 
これは「投げられる練習」の様子。

 
img_9480.jpg
 
img_9481.jpg
 
img_9482.jpg
 

 

相手のことを考えて
どうやって上手に投げられるか?を考え、実践する。
 

力の入れ具合は?
足を開く幅は?
受け身の取り方は?
 

たくさんのポイントがありますが
それを自分なりに考えて、やってみるのです。

 
その様子を見ている幼い子たちは
“応援する”ことで学びます。
 
img_9494.jpg

 

 
眠くなったり
飽きちゃったり。

 
それでもがんばって
先輩方の勇姿を見つめる。
 
これも立派な稽古です。
 
 
人の技を見る。
相手のことを考えて自分の振る舞いを決める。
応援する。

 
ひとりではできないこと、
仲間がいるから学べること。
それを柔道を通して体感して欲しいです。

 
個性が違うからこそ
相手を通して学べることが、たくさんありますね。
 
 
 
 
 
 

 

 
館長秘書 近藤ともこ(こんとも)

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

稽古風景(2018・5・29)〜心ひとつに〜

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2018年5月31日

【ゴリラ列車】 腰を落としてのしのし進む《ゴリラ歩き》の連結版。 前の人の帯を持ち、全員で掛け声をかけながら進みます...

幼児・小学生クラス<稽古風景>

稽古風景(2018・5・29)〜心ひとつに〜

2018年5月31日 04:55

【ゴリラ列車】 腰を落としてのしのし進む《ゴリラ歩き》の連結版。 前の人の帯を持ち、全員で掛け声をかけながら進みます...

続きを見る

小1男の子 知恵の積み木に熱中

思い通りにいかないことだってある!〜自分の...

港南道場 2020年7月8日

港南道場の少年部では、稽古が始まる前までの時間は学習の時間となっています。 「学習→柔道稽古→学習」という流れです。 ...

港南道場

思い通りにいかないことだってある!〜自分の...

2020年7月8日 07:16

小1男の子 知恵の積み木に熱中

港南道場の少年部では、稽古が始まる前までの時間は学習の時間となっています。 「学習→柔道稽古→学習」という流れです。 ...

続きを見る

先生と3歳児が柔道衣を畳む様子

志道館7つの習慣〜時間を守る〜

館長(コラム・講演・対談) 2020年6月26日

文武一道塾 志道館 幼年部・少年部には【志道館7つの習慣】なるものが存在します。   【志道館7つの習慣】 1、自分...

館長(コラム・講演・対談)

志道館7つの習慣〜時間を守る〜

2020年6月26日 02:10

先生と3歳児が柔道衣を畳む様子

文武一道塾 志道館 幼年部・少年部には【志道館7つの習慣】なるものが存在します。   【志道館7つの習慣】 1、自分...

続きを見る