道場経営という仕事。 〜(株)志道館 初!正社員を迎え入れました!〜

館長(コラム・講演・対談) 2019年4月5日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柔道界的に見たら“無謀”とも思える「道場経営」という仕事も、気がつけばもう5年半以上の月日が流れました。今年の7月末には株式会社志道館の第6期目が終わります。

 

もし、身近に私と同じ様に「道場経営がしたい」という柔道仲間がいたとしたら、私は簡単には賛同しないと思います。
何故なら、すごく大変な仕事だからです。
道場の片隅で腕組んで口だけ出していればいいような仕事では、決してありません。
偉そうにできる仕事でもないです。
ダイナミックで対外的に目立つ仕事よりも、道場のトイレや靴箱等の掃除をはじめ、表面的には見えない地味で細かい仕事の方が圧倒的に多いです。
自分の理想の前に、常に現実を突きつけられ、落胆することも多いです。
綺麗事だけではできない、成り立たない仕事です。
自分の名声が欲しいだけの人には向かない仕事です。
ただ、「やり甲斐」や「自己実現」「自己成長」「社会貢献」といった類いの言葉は全てカバーしている仕事だと思います。

 

道場経営とは、そんな、仕事です。
柔道経験者だからといって、昔柔道が強かったからと言って、誰もができる仕事ではありません。

 

そんな「道場経営」という仕事に挑戦すべく、一人の柔道家が今春 株式会社志道館に入社しました!
 
 
綾川 浩史、39歳。
 
綾川は國學院大学卒業後、この3月末まで自身の母校である國學院栃木中学高等学校で国語教諭として教鞭を執っていました。同校女子柔道部監督として、同校を全国大会常連校に導き、全国レベルで活躍できる選手も輩出しています。

 

 

そんな競技柔道の現場で指導実績もある綾川がなぜ弊社に入社したのか?
それは近日中に配信予定の綾川自身が書いたコラム記事をぜひご一読ください。

 

 

2019年度、心強い新しい社員を迎え、希望に満ちた新たなスタートを切ることができました。
2号館設立、初の正社員採用、、、、、大きな責任とプレッシャーを感じますが、「好きなこと」「自分が本当にやりたいこと」を仕事にできる喜びも感じながら日々を生きています。

 

 

 

 

 

 

館長 坂東真夕子

 

 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
img_2171.jpg

 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

子どもたちの「柔道スイッチ」~自分で道衣を着...

港南道場 2020年4月6日

自分で道衣を着たり、帯を結ぶことは、道場内における自立の第一歩です。入門当初は「やってください」とお願いをしていた子ど...

港南道場

子どもたちの「柔道スイッチ」~自分で道衣を着...

2020年4月6日 07:01

自分で道衣を着たり、帯を結ぶことは、道場内における自立の第一歩です。入門当初は「やってください」とお願いをしていた子ど...

続きを見る

フランスから来たR君、母国に帰る~「道」は...

港南道場 2019年8月7日

今年4月に「港南道場子どもクラス第1号」として入門したR君(5歳)が、母国フランスに帰国することになりました。この4...

港南道場

フランスから来たR君、母国に帰る~「道」は...

2019年8月7日 05:55

今年4月に「港南道場子どもクラス第1号」として入門したR君(5歳)が、母国フランスに帰国することになりました。この4...

続きを見る

成年部特別企画「世界柔道選手権東京大会を振...

港南道場 2019年11月11日

日曜日は、成年部の合同稽古日です。四ツ谷道場、港南道場を合わせて20名程の塾生様が集まります。 今回は特別に、「世界柔...

港南道場

成年部特別企画「世界柔道選手権東京大会を振...

2019年11月11日 07:41

日曜日は、成年部の合同稽古日です。四ツ谷道場、港南道場を合わせて20名程の塾生様が集まります。 今回は特別に、「世界柔...

続きを見る