港南道場 幼児クラス・小学生クラス〜「体捌きしっぽ取りゲーム」で体捌きと周りを見る力を養おう!〜

港南道場 2020年9月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体さばきしっぽ取りゲーム

港南道場の幼児・小学生クラスの子供たちは稽古の最後に行うトレーニングゲームを楽しみにしています。
中にはそれを励みに稽古を頑張る子もいます。

 

子供たちが考え出した「逃走中」、「サーキット鬼ごっこ」などは人気ですが幼児が多い日などはルールを理解するのが難しいこともあります。
そんなときはやはり「鬼ごっこ」になることが多いです。
しかし、鬼ごっこも体格差のある幼児と小学生が同時にやると気をつけていてもぶつかってしまったり、幼児が力を発揮できないこともあるので、最近は「体捌きしっぽとり」を始めました。
 
小学生と幼児 しっぽ取り
 

全員が色帯をしっぽに見立てて自分の帯に差し込みます。
幼児はハンデで2〜3本の色帯を後ろにも前にも付けてOKです。小学生は自分で1本か2本を選んで後ろにつけます。1年生は2本を選ぶ子が多いですが自信のある子は1本を選択しています。

 

通常のしっぽとりゲームを体捌きでおこなうので、すり足、つぎ足を使ってしっぽを取り合います。
場内の黄色畳内だけで行うので場外である赤畳に出そうになったときは体捌きを使ってまわり込むことも必要です。場外をしっかり見極めるために周辺視野を使うことも大切になってきます。場外に出たとき、歩いたり走ったとき、色帯は1本没収です。また、転んでしまった子の帯を取ること、押したり叩いたりすること、取られそうになった帯を引っ張ることは反則など、細かいルールも決めておこないます。1セットは1分、周りをしっかり目で見ながら体捌きを意識して動き、場外も気にしながら自分のしっぽを取られないように相手のしっぽを取りに行く。目も頭も体もフル回転させて頑張る姿は真剣そのものです。

 

1分間ですが3本つけていても30秒位で全部取られてしまう4歳の男の子がとても残念そうに戻ってきました。
残りの時間、残っている子たちの様子をじっくり見て2回目参戦。周りをよく見ているのがわかりましたが、1箇所に気を取られてしまうとやはりすぐ取られてしまいます。
何度か挑戦していくうちに残っていられる時間は長くなり帯を獲得することもできるようになってきました。周りの動きをよく見て判断するというのはとても大切な力だと思います。まだ1分間で自分の色帯3本を守りきれてはいませんが、何度も挑戦をして周りを見る力が養われてくると守りきれるようになると思います。
 
体さばき しっぽ取りゲーム がんばる幼児
 

遊びの中で柔道の要素を取り入れ、トレーニングをしていくことで、楽しく体捌きや周りを見る力を学ぶことができます。
稽古前の走りでサイドステップをやるときも、ただやっているより「体捌きしっぽ取りうまくなるよ」と声を掛けると意識してできる子が増えました。

 

子供たちが意識をして体を動かし、体で覚えることができるように、トレーニングの時間のメニューも工夫していきたいと思います!

 

 
 

 
 

 

野尻 麻実

 

 
 

 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

【幼児×柔道】幼児、最強説。

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2022年4月26日

柔道には「乱取り(らんどり)」という稽古方法があります。 「乱取り」では実戦形式で動きながら互いに技を掛け合います。 ...

幼児・小学生クラス<稽古風景>

【幼児×柔道】幼児、最強説。

2022年4月26日 10:24

柔道には「乱取り(らんどり)」という稽古方法があります。 「乱取り」では実戦形式で動きながら互いに技を掛け合います。 ...

続きを見る

【幼児×柔道】世界一小さな体操係〜3歳児、体...

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2022年4月19日

稽古の最初に必ずみんなで取り組む準備体操。 この準備体操の号令を掛ける「体操係」はとても重要な役割だと思っています。 ...

幼児・小学生クラス<稽古風景>

【幼児×柔道】世界一小さな体操係〜3歳児、体...

2022年4月19日 10:11

稽古の最初に必ずみんなで取り組む準備体操。 この準備体操の号令を掛ける「体操係」はとても重要な役割だと思っています。 ...

続きを見る

柔道も勉強もがんばろう!~「文武一道」を目...

港南道場 2019年6月15日

  武のみに偏せず、同時に文にも偏せぬ両方面に、同時に関心を有する人であってほしい   嘉納治五郎師範 &...

港南道場

柔道も勉強もがんばろう!~「文武一道」を目...

2019年6月15日 10:08

  武のみに偏せず、同時に文にも偏せぬ両方面に、同時に関心を有する人であってほしい   嘉納治五郎師範 &...

続きを見る