【幼児クラス】まずは自分でやってみる〜自立と自律〜

館長(コラム・講演・対談) 2021年1月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真は文武一道塾志道館幼児クラスに通う4歳と6歳の兄弟。
柔道衣ズボンの蝶々結びに挑戦中です。
 

 

幼児にとって洋服から柔道衣に着替えることは、とてもハードルが高いことです。
柔道衣ズボンの紐を左右均等に引っ張ってからの蝶々結び、上衣の左側を前にして合わせながらの帯結び等々、発育発達学的にも幼児にはそもそも無理なのかも知れません。
 

ですので最終的には私たち指導者が着替えを手伝うようにはしていますが
「まずは自分ができるところまで自分でやること」を子供たちには促しています。
例えば、蝶々結びでも紐をクロスして絡ませるところまでは自分でやる、帯も前からお腹に当てて後ろでバッテンして前に持ってくるところまでは自分でやる、という具合に、全てを指導者に委ねるのではなく、できるところまででいいので、自分でやろうとする姿勢を大切にしています。

 
 

私は、子供たちには自分自身の人生を主体性を持って歩んで欲しいと思っています。主体性を持つとは、つまり「自律(決まってないことを自分からやる)」するということです。
その「自律」の前には、「自立(決まっていることを自分からやる)」が必要であると考えています。

 

まずは自分の身の回りのことを自分でやってみること、やってみようとすること、これが自立(自主性を持つこと)への大きな一歩であると思います。

 
 
柔道場という場所で幼児たちが小さな体で困難に果敢に立ち向かう姿に、私自身もとても励まされています。瑞々しい感性を持つ子供たちの成長を目の当たりにできることは、柔道指導者の醍醐味でもあり、やりがいの一つです。

 

写真の兄弟もあと数年もすれば、蝶々結びなんて簡単にできるようになることでしょう。
そんな日を楽しみに待ちたいと思います。

 
 

 

 

館長・坂東真夕子

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

今年も3月12日(日)【新宿区柔道大会】に出場...

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2017年2月24日

写真は昨年3月、初めての公式戦である新宿区少年少女柔道大会に出場した時の様子です。   はじめての公式試合!〜2016...

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

今年も3月12日(日)【新宿区柔道大会】に出場...

2017年2月24日 12:54

写真は昨年3月、初めての公式戦である新宿区少年少女柔道大会に出場した時の様子です。   はじめての公式試合!〜2016...

続きを見る

世界に誇れる日本の柔道

港南道場 2019年5月14日

全日本代表として日の丸を背負って柔道をする。これは多くの柔道選手が持っている夢だと思います。残念ながら、私は坂東館長...

港南道場

世界に誇れる日本の柔道

2019年5月14日 01:00

全日本代表として日の丸を背負って柔道をする。これは多くの柔道選手が持っている夢だと思います。残念ながら、私は坂東館長...

続きを見る

幼年部 少年部 けんけん

港南道場 幼年部・少年部 稽古風景【ケンケン...

港南道場 2020年7月15日

港南道場の幼年部・少年部の土曜日クラスは、3歳〜小学校2年生までの子供たちが通っており、現在は幼年部の多いクラスです。...

港南道場

港南道場 幼年部・少年部 稽古風景【ケンケン...

2020年7月15日 02:22

幼年部 少年部 けんけん

港南道場の幼年部・少年部の土曜日クラスは、3歳〜小学校2年生までの子供たちが通っており、現在は幼年部の多いクラスです。...

続きを見る