日々の指導で心がけたいこと。 〜シンクロ井村雅代さん「叱る絶対三点セット」〜

館長(コラム・講演・対談) 2015年7月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
少年部 指導 坂東館長

私が一度お会いしたい人物の一人に、シンクロナイズドスイミング指導者の井村雅代さんがいます。“きれいごと”を言わずに選手個々と真摯に向き合っている姿、その哲学に、僭越ながら共感し、また勉強になることが多いからです。そして、きっちり結果を出すところも尊敬しています。

 

その井村さんと言えば、オリンピック前になると、選手を大声で叱り飛ばす映像がよく流れていますが、先日、井村さんがある番組のインタビューでこんなことを仰っていました。

 

 

選手を叱る時に厳守していること。「叱る絶対三点セット」。

 

  1. まず、叱る相手の悪いところを具体的にしっかりと指摘する。
  2. 次に、その悪いところを改善する方法を指導する。
  3. そして、そこが直ったかどうか、OKかNGかをきちんと伝える。

 

 

私も道場での指導中、子どもたちをよく叱ります。ふざけた時、人の話しを聞いていない時、「志道館10の習慣」を怠った時…。

 

誤解を恐れずに言うと、柔道は一歩間違えると、大けがをしかねない、また相手を傷つけてしまいかねない武道です(柔道に限らず絶対にケガをしないスポーツ・武道なんてないと思いますが)。そのことは、子ども達にも毎回伝えています。「だから、相手を投げた時に引き手を離さずに、相手を守ってあげるんだよ」、「だから、先生の話しをよく聞いて正しく技を掛けなければいけないんだよ」…。だからこそ、相手と組み合っている時にふざけていたり、先生の話しを聞いていなかった時は、雷を落とします。

 

 

しかし、井村さんの話しを聞いて、反省するところがありました。「叱る絶対三点セット」の最後の部分、悪かったところが改善されたかどうかのフィードバックを伝えることまで心を砕いていなかった、怒りっぱなし、叱りっぱなしが多かった、と。フィードバックをすることで、叱ったことのケアにつながり、叱られた当人も「こうすればいいんだ」ということに自信を持つ事ができれば、同じことで叱られることは少なくなるでしょう。

 

 

「叱る絶対三点セット」、実践あるのみです。

 

ちなみに、井村雅代さんの名言集はこちらです!

 

 

 

 

 

館長 坂東真夕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

柔道で心身を鍛えよう!少年部稽古のご紹介①...

幼・少年部<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2015年6月16日

〜月・火・木曜日編〜   15:00頃 近隣小学校に通う小学1年生組が、元気よく道場に! 靴を揃えて靴箱に入れ、嘉納...

幼・少年部<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

柔道で心身を鍛えよう!少年部稽古のご紹介①...

2015年6月16日 10:27

〜月・火・木曜日編〜   15:00頃 近隣小学校に通う小学1年生組が、元気よく道場に! 靴を揃えて靴箱に入れ、嘉納...

続きを見る

いよいよ、もうすぐ!志道館 【小さらい(こ...

幼・少年部<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2015年9月23日

【小さらい】【大さらい】とは?     江戸時代の寺子屋では、「小(こ)さらい」「大(おお)さらい」とい...

幼・少年部<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

いよいよ、もうすぐ!志道館 【小さらい(こ...

2015年9月23日 02:01

【小さらい】【大さらい】とは?     江戸時代の寺子屋では、「小(こ)さらい」「大(おお)さらい」とい...

続きを見る

黙想する子どもたち

子どもの発育発達に最適な柔道①

幼・少年部<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2015年2月11日

〜柔道は身体を鍛え、豊かでしなやかな心を育み、頭もよくなる!〜     今回はそんなお話しをしたいと思い...

幼・少年部<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

子どもの発育発達に最適な柔道①

2015年2月11日 23:22

黙想する子どもたち

〜柔道は身体を鍛え、豊かでしなやかな心を育み、頭もよくなる!〜     今回はそんなお話しをしたいと思い...

続きを見る