継続は力なり!!

館長(コラム・講演・対談) 2016年7月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日子どもたちを見ていると、出来なかったことが段々出来てくるようになる、その成長過程がよく分かります。

例えば、前転後転、ブリッジ系の動き、足蹴り、腰切り、寝技補強運動のエビ、逆エビ、横エビ等々といった動き。入門時には、全くできなかったり、みんなについていけなくても、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月…と時間が経つにつれ、いつの間にか上手にできるようになっています。家で自主練に励んでいる子もいるようです。

それは何も子どもに限ったことではありません。大人クラスの初心者(30代、40代から柔道を始めた)の皆さんも、はじめはかなりぎこちない動きをしていたのが、稽古を重ねる度に、徐々に徐々に、何となく形になってきます。

 

 

そういった姿を見ていると、正に「継続は力なり」だと感じます。

子どもであれ、大人であれ、その人が、日々、こつこつと積み上げてきたもの程、尊いものはないと思います。

 

それは、仕事も人生も同じことが言えるのではないでしょうか。

 

子ども達には、いえ、子ども達だけではなく、大人の皆さんにも、柔道を通して、「努力」することの大切さ、また、その努力を「継続」することの意義、楽しさを感じ、自らの努力で、「出来なかったことが、出来る様になった」喜びを知って欲しいと思います。

そして、それを自分の人生や仕事に活かすことが大切なんだと思います。

 

 

「継続は力なり」

この言葉に嘘はないことを、子ども達や大人の生徒さんを見て実感する毎日です。

 

 

 

館長・坂東真夕子

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

柔道も勉強もがんばろう!~「文武一道」を目...

港南道場 2019年6月15日

  武のみに偏せず、同時に文にも偏せぬ両方面に、同時に関心を有する人であってほしい   嘉納治五郎師範 &...

港南道場

柔道も勉強もがんばろう!~「文武一道」を目...

2019年6月15日 10:08

  武のみに偏せず、同時に文にも偏せぬ両方面に、同時に関心を有する人であってほしい   嘉納治五郎師範 &...

続きを見る

幼児と小学生が一緒に練習

優しさをつないでいこう!〜学年の垣根を越え...

港南道場 2020年6月30日

港南道場の幼年部・少年部では最上級生が現在小学校3年生です。 小学校3年生というと学校でいえば低学年から中学年へあが...

港南道場

優しさをつないでいこう!〜学年の垣根を越え...

2020年6月30日 08:17

幼児と小学生が一緒に練習

港南道場の幼年部・少年部では最上級生が現在小学校3年生です。 小学校3年生というと学校でいえば低学年から中学年へあが...

続きを見る

鍛錬が自信を作る。〜柔道を通して感じる子供...

館長(コラム・講演・対談) 2017年8月2日

最近、稽古中の言動を見ていて「凄く自信がついてきたんだなー」と感じさせる男児がいます。今まではどちらかというと大人し...

館長(コラム・講演・対談)

鍛錬が自信を作る。〜柔道を通して感じる子供...

2017年8月2日 15:16

最近、稽古中の言動を見ていて「凄く自信がついてきたんだなー」と感じさせる男児がいます。今まではどちらかというと大人し...

続きを見る