柔道は「難しい」から面白い!

館長(コラム・講演・対談) 2017年7月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分自身の人生を振り返ってみると、柔道以外に長く続けたものはありません。
「趣味は?」と聞かれて、明確に答えられるようなものも持ち合わせていません。

 

そんな私が柔道を長く続けられている理由は2つあります。

 

一つ目の理由は、柔道は「難しい」から。言い換えると「奥が深い」とも言えます。
例えば「大外刈」という技の一つをとっても、人によって入り方やタイミングは微妙に違います。
それは人に教えられるものではなく、基礎練習の繰り返しにより自分自身で掴みとっていくものです。しかし、一つの技術を高めていくプロセスは決して平坦な道ではありません。困難な道のりです。頭でいくら考えても答えが出るものではありません。
せっかちな時代に生きる私たち現代人は、すぐに成果や結果を求めがちです。
しかし、柔道はそんなに簡単なものではない。
その「難しさ」故の楽しさ、困難な道を歩むやりがいを、志道館で汗を流す塾生さん達にどう感じ取ってもらうか、どう伝えていくか、日々試行錯誤、勉強中です。

 

二つ目は、柔道は「自分と向き合える」から。
柔道は道具を持たず、自分の身一つで稽古に励みます。一度畳に上がると誰にも何にも頼れない。今現在の自分の実力や己の弱さが否応なく露わになります。
柔道の稽古は相手がいないとできません。だからこそ自分を高めてくれる相手に対しての礼節を重んじる訳ですが、向き合っているのは稽古相手ではなく、稽古相手を通して見る「自分自身」だと私は感じています。柔道はごまかしが効かないんです。

「難しい道を自分自身と向き合いながら歩む」これって、人生そのものではないでしょうか。
柔道の魅力は人を投げるとか関節技とか勝った負けたにあるんじゃなくて、もっともっと本質的なことろにあるんだと思います。文武一道塾志道館が、柔道の真の魅力を感じられる場であるよう、これからも精進します!

 

 

館長 坂東真夕子

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

志道館の”10の習慣”張り紙

志道館が考える「子どもの躾」とは?

幼・少年部<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2015年2月20日

  〜「靴を揃えると心も揃う」、【志道館10の習慣】について〜   志道館では「子どもの躾」とは「よい習慣を...

幼・少年部<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

志道館が考える「子どもの躾」とは?

2015年2月20日 08:29

志道館の”10の習慣”張り紙

  〜「靴を揃えると心も揃う」、【志道館10の習慣】について〜   志道館では「子どもの躾」とは「よい習慣を...

続きを見る

柔道を通して、“失敗”に強くなる。

館長(コラム・講演・対談) 2016年2月22日

負ける練習   相田みつをさんの作品に、「負ける練習」という詩があります。 私の母校・高知学芸中高等学校の道...

館長(コラム・講演・対談)

柔道を通して、“失敗”に強くなる。

2016年2月22日 02:34

負ける練習   相田みつをさんの作品に、「負ける練習」という詩があります。 私の母校・高知学芸中高等学校の道...

続きを見る

「左右両組み」に挑戦~「急がば回れ」右も左...

新道場 設立への道 2019年7月1日

※写真(福見友子杯 参加者名簿)   この写真は、今年3月に行われた「福見友子杯」の参加者名簿の一部です。ご覧...

新道場 設立への道

「左右両組み」に挑戦~「急がば回れ」右も左...

2019年7月1日 03:36

※写真(福見友子杯 参加者名簿)   この写真は、今年3月に行われた「福見友子杯」の参加者名簿の一部です。ご覧...

続きを見る