稽古風景(2018・6・9)〜ひとりできるもん!〜

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2018年6月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日。10:00からの幼年部・少年部合同クラス。

 

平日なにかと忙しい親御様が
お子様を連れてくるには
土曜日のクラスがちょうどいいようで
平日のクラスに比べて
幼い子たちが多いのが特徴です。
 
 
まずはランニングから。
「緑のところを走るよぉ〜」
 
img_9763.jpg
 
準備体操も、しっかり!
 
img_9765.jpg
 
img_9764.jpg
 
 
続いて柔軟。
 
10、を数えながら、伸ばした手を少しずつ前へ前へ。
「できるだけ手を遠くまで、だよ」
 
子供は体が柔らかいですねー。

 
img_9767.jpg
 
さてさて。次は
「手で腰を支えながら、つま先を天井!」

 
img_9766.jpg

 

 
最初は自分の体を支えきれなかった子も
くりかえし練習すると、ここまでできるようになります。
 
img_9769.jpg
 

 

 
子供たちの様子を見ながら
自分でできるところまでやらせます。
 
安全に注意しながら、ですが
【諦めそうになったところで、そのちょっと先まで頑張れるよう】
声をかけ、手を差し伸べます。
 
「これは無理かな」「これは難しいだろうな」
という大人の創造を
軽々と越えていく、子供の底力。
 
持っている力を発揮させるには
「ひとりでできるもん!」
という時には、近くで見守りながらチャレンジさせ
「ひとりでできた!」
という小さな自信を積み重ねることができるようにします。

 
子供たちの性格や個性を見ながら指導できるのは
小さな道場ならではですね。
 

 

 

 

 

 
館長秘書 近藤ともこ(こんとも)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

4歳児 見事なブリッジ

嘉納治五郎の「癇癪」は、なぜ柔術によって改...

館長(コラム・講演・対談) 2020年8月20日

柔道の創始者・嘉納治五郎は、22歳で講道館を創設する前に、約5年間柔術の修行を積んでいます。   名家の出身であ...

館長(コラム・講演・対談)

嘉納治五郎の「癇癪」は、なぜ柔術によって改...

2020年8月20日 04:46

4歳児 見事なブリッジ

柔道の創始者・嘉納治五郎は、22歳で講道館を創設する前に、約5年間柔術の修行を積んでいます。   名家の出身であ...

続きを見る

時間は有限。さて、どう使う?

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2018年9月10日

小学生男子が集まって 彩色豊かなビジュアルの歴史本を広げ 「どの武将がカッコイイか?」を 真剣に話し合ってました。 ...

幼児・小学生クラス<稽古風景>

時間は有限。さて、どう使う?

2018年9月10日 08:29

小学生男子が集まって 彩色豊かなビジュアルの歴史本を広げ 「どの武将がカッコイイか?」を 真剣に話し合ってました。 ...

続きを見る

柔道とラグビーのいい関係〜ラグビーブームに...

館長(コラム・講演・対談) 2019年11月12日

ラグビーワールドカップの余波は、文武一道塾志道館にも!   今日稽古に参加した4歳男児。写真をご覧になってお分か...

館長(コラム・講演・対談)

柔道とラグビーのいい関係〜ラグビーブームに...

2019年11月12日 03:55

ラグビーワールドカップの余波は、文武一道塾志道館にも!   今日稽古に参加した4歳男児。写真をご覧になってお分か...

続きを見る