柔道で「一生勉強 一生青春」

港南道場 2019年4月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志道館では、初心者の方にも分かりやすい技術指導を心がけております。しかし、全てを「教えきる」ことが良い指導方法だとは考えておりません。技術の要点は、各クラスの対象者様に合わせ、丁寧にご指導いたしますが、あえてご自分で気づいていただく、考えていただく部分を残すことがあります。それは、「教えられた」ものより、「自ら学んだ」ものの方が、自分の頭と体に残り、「本物の技」として使えるようになるからです。
特に成年部におきましては、ご自身で技術の理合をつかんでいただく時間を意識的に設けるようにしております。

 

例を1つ挙げてみます。
 
成年部4月のテーマである「三角」の実戦練習をした際に、あるご質問がありました。(少し専門的な話になります。)「相手を仰向けに返した時に、相手の左腕がじゃまで、自分の脚をうまくロックできません」という内容です。
 
これは、三角が上手くかからない典型的な「技術の壁」であり、多くの方がここで行き詰まります。解決策はいくつかありますが、私は答えをお教えするのではなく、皆さんで色々と試しながら考えていただくことをご提案しました。

 

その結果、約10分後には「①相手の左脇にさしこむ右踵の力を最後までゆるめない・②返す時に左膝を最後まで上げきる」という細かいコツを発見することができたのです。そして、実際にかけてみると、前よりもスムーズに抑え込みまで移行することができました。
 
自分で発見する楽しさは、柔道の大きな魅力の1つです。全てを教えきってしまうと、その面白さを奪うことにもつながりかねません。それに、1度に全てを説明してしまうと、混乱したり、忘れてしまうこともあるでしょう。年齢や職業も違う皆さんが、「ああでもない。こうでもない。」と汗をかきながら真剣に試行錯誤されているお姿は、とても楽しそうでした。
まさに「 一生勉強 一生青春」(相田みつを氏)ですね。

 
 
柔道という「道」にゴールはありません。だからこそ、生涯にわたり続けていく中で、見えてくるものが沢山あるのです。そして、柔道は、体と心の若さを保ち、人生をより充実させてくれます。皆さんも柔道を通じて、「一生勉強 一生青春」してみませんか?

 
 
 
 
 
 
綾川 浩史

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
img_2171.jpg

 
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

「柔道衣教材」作ってみました! 色と言葉で...

港南道場 2020年6月2日

6月1日より、志道館の幼年部・少年部もスタートいたしました。 私は港南道場で、4月1日より幼年部・少年部を担当する予定で...

港南道場

「柔道衣教材」作ってみました! 色と言葉で...

2020年6月2日 03:09

6月1日より、志道館の幼年部・少年部もスタートいたしました。 私は港南道場で、4月1日より幼年部・少年部を担当する予定で...

続きを見る

「形研究会」の活動~「形」は奥深い!面白い...

港南道場 2019年6月28日

志道館成年部には、2つの分科会が存在します。「嘉納治五郎研究会」と「形研究会」です。 今回は、「形研究会」の活動につ...

港南道場

「形研究会」の活動~「形」は奥深い!面白い...

2019年6月28日 09:45

志道館成年部には、2つの分科会が存在します。「嘉納治五郎研究会」と「形研究会」です。 今回は、「形研究会」の活動につ...

続きを見る

「受身」は一生の宝~「受身」を楽しく身につけよ...

港南道場 2019年12月27日

「私は『受け五段』です。実際には弐段ですが、受身には自信があるんですよ。」   「受け○段」。 投げることよりも、...

港南道場

「受身」は一生の宝~「受身」を楽しく身につけよ...

2019年12月27日 03:33

「私は『受け五段』です。実際には弐段ですが、受身には自信があるんですよ。」   「受け○段」。 投げることよりも、...

続きを見る