【幼児・小学生への柔道指導】釣込腰の極意!!「ビール」と「腕時計」と 「おしりボンッ!」

館長(コラム・講演・対談) 2020年11月2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡野功

2020年1月19日に開催した第6回志道館杯では、柔道界のレジェンド・岡野功先生をゲストにお招きし、3歳児〜50代の塾生の皆さんに、釣込腰をご指導いただきました。
私個人的には、子供に釣込腰を教えるのは難しいと感じていました。
釣り手の細かい使い方や、大腰のように相手を大きく抱き抱えない釣込腰は、子供たちの筋力的に難しいのではないかと、考えていたのです。
 
岡野先生は、子供たちにこんな風に釣込腰のポイントを伝えてくれました。
 
「釣り手は大人がおビールのジョッキをゴクゴクと飲むようにこうしてから、体を回して、そして、おしりボンッ!」

 
 
※実際に指導していただいてる様子は、こちらの記事をご参照ください。

 
〈志道館杯を振り返って その1〜岡野功先生から学んだこと〜〉
https://www.bunbuichido.net/20200205ayakawa-column/
 

 

志道館では以前から、引き手は「今、何時?(腕時計を見る)」と教えていたので、岡野先生に釣込腰を教えていただいて以来、子供たちの間では釣込腰のポイントは「ごくごく、今何時、おしりボンッ」が定着しています。
 
釣込腰   いま何時?の手
 
いま何時?の手 坂東先生 指導
 
この掛け声のもと釣込腰を練習すると、皆それなりに上手にやります。

 
 
私として新たな気づきだったのが「おしりボンッ!」です。
 
おしりボンッの練習
 

相手を腰に乗せようとするのではなく、腰を相手に当てにいく感覚というのは、それまでの私にはなかった発想です。
しかも【おしりたんてい】が子供たちに人気があるように、子供たちは「おしり」が大好きです。「おしりボンッ!」は子供受けするキャッチーなフレーズです。
私が感じていた「子供には釣込腰は難しい」というバイアスも、子供たちが吹き飛ばしてくれました。

 
釣込腰で先生を投げる 小学生
 
ちょっとした言い回し、ちょっとした工夫で、子供たちの投げ技に対する理解度や興味も変わってくると思います。
 
日々探究あるのみです。

 

 

 
 
 

館長・坂東真夕子

 
 
 
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

柔道を通して「PDCA cycle」を学び、身につける

館長(コラム・講演・対談) 2017年3月15日

※「PDCA cycle」とは http://www.weblio.jp/content/PDCAサイクル     先日出場した新宿区少年少女柔道...

館長(コラム・講演・対談)

柔道を通して「PDCA cycle」を学び、身につける

2017年3月15日 05:29

※「PDCA cycle」とは http://www.weblio.jp/content/PDCAサイクル     先日出場した新宿区少年少女柔道...

続きを見る

稽古前の大事な時間《稽古内容を組み立てる》

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2016年10月11日

子供たちを迎える前の静かな道場。 館長はひとり、ホワイトボートに向かって稽古メニューを考えています。   ...

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

稽古前の大事な時間《稽古内容を組み立てる》

2016年10月11日 05:41

子供たちを迎える前の静かな道場。 館長はひとり、ホワイトボートに向かって稽古メニューを考えています。   ...

続きを見る

人生を変えたこの一冊『知っているときっと役...

港南道場 2019年6月8日

高校生の時、私の柔道人生に大きく影響を与えた1冊の本に出会いました。その本がこちらです。   『知っていると...

港南道場

人生を変えたこの一冊『知っているときっと役...

2019年6月8日 05:16

高校生の時、私の柔道人生に大きく影響を与えた1冊の本に出会いました。その本がこちらです。   『知っていると...

続きを見る