【小学生×幼児×習い事】子供たちの「聞く姿勢」を育む

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2023年7月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

志道館では柔道が上達するために、まずは「聞く姿勢が大切」ということを伝えています。

 

これが子供たちにとって、意外と難しい。
聞く姿勢=「どうやって先生の話を聞くか」。
 
一口に「先生の話を聞く」と言っても、どうすれば話を聞いていることになるのか、わかりませんよね。
子供たちには「聞き方」から伝えています。
 
_______________
 
・話している人(先生)におへそを向けるような姿勢で聞く。
・隣の人にちょっかいを出したり、話しかけたりしないで集中して聞く。
・質問があったらうやむやにせず、説明が終わったタイミングで聞く。
・先生が「ここを見て」というところをちゃんと見る。
・先生の目を見て聞く。
 
_______________
 

 
子供自身が自分でできるようになるために、まず「聞く」ことがスタートです。
 
説明の後に、必ず質問の時間を設けています。
理解できたかどうか、先生から質問をしてクイズのように答えさせることもあります。
(時には答えられない子も「はいはいはい!」と元気よく手を上げますσ(^_^;)
 

 
なぜ投げた時に相手の袖を引くのか?
どうして受身の練習をするときにおへそを見るのか?
 
成り立ちや、意味を知らないと、正しくできるようになりません。
 
3歳の子供であっても、どうやって聞くのか、は何度も伝えます。
「先生におへそを向けて座るんだよ」
「お隣の子とおしゃべりしないで聞くんだよ」
「(見てほしいところを指差しながら)ここを見て」
 
 
柔道は「なんとなくこんな感じ」「ひとまず勢いつけて」でやると怪我をします。
 
最初はできなくても、先生が真剣に繰り返し伝えることで、
それが大事なことなんだ、ということは理解できるようになります。
 
小学生、特に級が上がっていくと
下級生や始めたばかりの子、幼児クラスの子供たちに
ミニ先生となって伝えられなければなりません。
 

 
先生の話を聞けていなければ理解できないし、理解できないと行動できない。
理解し、自分ができないと、今度は教えることができないのです。
 
 
まずは「聞く姿勢」を育てる。
これが柔道指導における大事な一歩だと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
館長補佐 近藤
 
 
 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

【幼児・小学生クラス】右組左組

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2022年9月24日

柔道には右組と左組があります。 同じ技でも右組でかける場合と左組でかける場合とでは体の動かし方や使い方が異なります。 ...

幼児・小学生クラス<稽古風景>

【幼児・小学生クラス】右組左組

2022年9月24日 11:35

柔道には右組と左組があります。 同じ技でも右組でかける場合と左組でかける場合とでは体の動かし方や使い方が異なります。 ...

続きを見る

ドイツ人柔道少年がやって来た!

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2017年4月14日

ドイツ人柔道少年が文武一道塾 志道館に短期入門しています。   日本でいう小学一年生のドイツ人少年。 日本語は多少...

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

ドイツ人柔道少年がやって来た!

2017年4月14日 08:16

ドイツ人柔道少年が文武一道塾 志道館に短期入門しています。   日本でいう小学一年生のドイツ人少年。 日本語は多少...

続きを見る

【幼児・小学生クラス】小学生 受け身の練習

幼児・小学生クラス<稽古風景> 2022年8月11日

柔道といえば「受身」です。 受身には後受身、横受身、前受身、前回受身があります。   全ての受身に共通して、...

幼児・小学生クラス<稽古風景>

【幼児・小学生クラス】小学生 受け身の練習

2022年8月11日 10:49

柔道といえば「受身」です。 受身には後受身、横受身、前受身、前回受身があります。   全ての受身に共通して、...

続きを見る