全ては「姿勢」から〜柔道で胆力を鍛える!〜

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2016年5月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰骨を立てる

 

今朝のフジテレビ「とくダネ!」で、“あなたは大丈夫?姿勢の乱れは健康の乱れ”という特集が放映されていました。その中で痛ましかったのが、ゲームのやり過ぎで5歳児にして腰痛持ちになってしまったという男児の写真です。首が前に突き出し、明らかに身体が歪んでいました。

その特集を見て、思い出したのが【立腰(りつよう)】という言葉です。【立腰】とは、文字通り“腰骨を立てる”こと。人は腰骨を立てることで、“胆力”が養われます。

 

 

 私たち日本人の腸は西洋人の比べて長い。その上、背丈は低いとなれば、狭いところにぎゅうぎゅう詰めになっているわけです。腸は内容物を送るのに蠕動(ぜんどう)運動を行なっています。姿勢が悪いと腸は常に前後左右から圧迫を受けますから、長年のこととなれば、腸を弱くし傷めることになり、運動が不活発になり、送り出すべきものが常に滞るとさらに弱め傷めます。

腸こそが胆の素、気を生み出す大元とされていますから、段々「気弱」になり、「気力」が失せてします。それを救うのが「立腰」で、良い姿勢こそが胆力の源なのです。

「リーダーの指針 東洋思考(田口佳史・著/かんき出版)」より抜粋

 

 

ここまで文明が発達する前の日本は、生活そのものの中で、腰骨を立てる必要があったのだと思います。和式便所、ちゃぶ台での食事、座卓での勉学、布団の上げ下ろし等々。しかし、現代社会に生きる私たちは、“便利さ”の享受により、意識して鍛えないと腰骨が立たないどころか、前述したゲームのやり過ぎで背骨が歪んだ男児の様に、姿勢を悪くする要因が溢れる中で生活をしています。

 

 

 

 柔道で胆力を養う

柔道の稽古前後には、正座で整列して礼をします。この正座をした時に、姿勢がいいかどうかがよく分かります。志道館では、稽古後正座して古典(実語教、大学)の素読をします。時間にすると大体10分程度でしょうか。入門直後は、素読中背中が曲がってきて、よく私に注意されていた子でも、回数を重ねると背筋を伸ばした姿勢をキープできるようになる姿を見ると、やはり鍛錬は必要だと感じます。また、勉強時間では座卓を道場に出して勉強します。勉強に集中している子は姿勢がいいですし、集中力が途切れた子は、机に肘をつき始めたりします。「姿勢」はそういう心持ちも現れるのだと感じます。そもそも柔道は「立腰」が基本姿勢です。身体の芯が弱いと受身もままなりません。

 

前掲した著書の中で、

 

「立腰」は、幼少期から習い性となるよう指導してしまうことが肝要です。

ある一定以上の年齢になると、そうしても常に「自分に言い聞かせる」ことをしないとマスターできません(以下省略)

 

と述べられている通り、幼少時代から「姿勢」を意識して柔道や剣道等の武道や、スポーツに取り組むことが、この現代社会では必要なのかもしれません。

 

 

「姿勢は、その子の人生を左右する」そう言っても過言ではない。今朝の情報番組を見て、志道館の子どもたちには、今まで以上に“姿勢”を意識できるよう指導していこうと思いました。

 

 

 

 

 

館長・坂東真夕子

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

『港南道場 子どもクラス紹介』~入門1号生...

港南道場 2019年5月20日

港南道場が本格始動してから早いもので約3ヶ月が経ちました。   ありがたいことに、見学・体験のお問い合わせを...

港南道場

『港南道場 子どもクラス紹介』~入門1号生...

2019年5月20日 00:17

港南道場が本格始動してから早いもので約3ヶ月が経ちました。   ありがたいことに、見学・体験のお問い合わせを...

続きを見る

キッズ作文教室開催中!〜読書感想文を書こう〜

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2018年8月22日

2018年、夏の特別講座として 【キッズ作文教室〜読書感想文を書こう〜】を実施しています。     あえて1...

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

キッズ作文教室開催中!〜読書感想文を書こう〜

2018年8月22日 10:25

2018年、夏の特別講座として 【キッズ作文教室〜読書感想文を書こう〜】を実施しています。     あえて1...

続きを見る

柔道を習うこと=“魔法”を手に入れること

館長(コラム・講演・対談) 2020年12月3日

2019年8月にご逝去された瀧本哲史さんの著作の一つに「ミライの授業(講談社)」という本があります(この本には嘉納治五郎師...

館長(コラム・講演・対談)

柔道を習うこと=“魔法”を手に入れること

2020年12月3日 03:47

2019年8月にご逝去された瀧本哲史さんの著作の一つに「ミライの授業(講談社)」という本があります(この本には嘉納治五郎師...

続きを見る