乱世の教育「実語教」

館長(コラム・講演・対談) 2020年7月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
坂東 4歳の男の子 実語教を一緒に読む

文武一道塾志道館 幼児・小学生クラスでは、古典「実語教」の素読に取り組んでいます。
 
月刊武道7月号に『乱世の教育 第6回教科書として使われていた「実語教」と「童子教」静岡大学名誉教授・小和田哲男』という記事が掲載されていました。

 

“乱世”とは、この記事の中では“戦国時代”を指しているようです。
戦国時代のように、日本人同士が殺しあったりすることはありませんが、この現代社会・近未来社会は、先が見えない・予測不可能なことが次々と起こる、という意味では、“乱世”であるとも言えます。

 

では、“乱世”に必要な教育とは何か?
それは人間として根を張ることだと思います。
人間として生きていく上で大切なこと、普遍的なこと、本質的なこと、それが人間の「根っこ」であると私は考えています。

 

根っこを地中に張らないと、木は大きく育ちません。
人間も同じだと思います。

 
実語教 齋藤孝
 

平安時代に作られたという「実語教」。
千年以上前の日本の子供たちに思いを馳せながら、これからも「実語教の素読」に取り組んでいきたいと思います。
 
 
 
 
 
 

 
〈【実語教】関連 過去コラムもご一読ください!〉
 
幼児教育に最適な「実語教の素読」
https://www.bunbuichido.net/jitugokyo/
 
古典の素読は【コミュニケーション能力】を高める
https://www.bunbuichido.net/sodoku/
 

 
 
 
 
 
 
 
 

館長・坂東真夕子

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

稽古風景(2018・11・22)〜投の形・足技編〜

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ> 2018年11月22日

11月も下旬に入り、投の形の稽古も進んでおります。   今日は足技の中から【送足払】【支釣込足】をやりました。 ...

幼児・小学生クラス<稽古風景・古典素読・勉学・しつけ>

稽古風景(2018・11・22)〜投の形・足技編〜

2018年11月22日 10:02

11月も下旬に入り、投の形の稽古も進んでおります。   今日は足技の中から【送足払】【支釣込足】をやりました。 ...

続きを見る

サマンサ先生 子供 

日本建国の神話を英語で学ぶ。 〜【English ...

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう> 2015年4月22日

神話を英語で学ぶ。 〜【English Dojo Special Learning Class】の取り組み〜   ある歴史学者の警鐘 英国の歴史学者...

小学生クラス<柔道場で英語を学ぼう>

日本建国の神話を英語で学ぶ。 〜【English ...

2015年4月22日 06:08

サマンサ先生 子供 

神話を英語で学ぶ。 〜【English Dojo Special Learning Class】の取り組み〜   ある歴史学者の警鐘 英国の歴史学者...

続きを見る

道場掃除で「心」を磨く~清掃は、やさしさ~

港南道場 2019年7月27日

「心を込めて丁寧に掃除をする」これは、「志道館7つの習慣」の1つです。 志道館では、稽古後に参加者全員で掃除を行いま...

港南道場

道場掃除で「心」を磨く~清掃は、やさしさ~

2019年7月27日 04:38

「心を込めて丁寧に掃除をする」これは、「志道館7つの習慣」の1つです。 志道館では、稽古後に参加者全員で掃除を行いま...

続きを見る