Judo Experience Program〜11月6日フランス人団体様来館!!〜

館長(コラム・講演・対談) 2019年11月8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月6日フランス人旅行客20名様が文武一道塾港南道場で柔道体験をしました!
 
参加したフランス人のほとんどが柔道初心者でしたが、当日は日本在住フランス人柔道家の方や、東京海洋大学柔道部学生、文武一道塾成年部塾生様にもお手伝いいただき、参加したフランス人に皆さまに柔道を楽しんでいだけました。
 
 
〈レポート〉
 

 
まずは礼の大切さを伝えるところからスタート。
座り方、正座の仕方から。
 

 
「お互いに、礼!」
この段階から、あちこちから『オゥッ』『アウチッ』『イィッ』などの声がもれ聞こえます。
 

 
柔道の創始者、嘉納治五郎師範について、また柔道とはどのような武道か?など、嘉納師範の理念についてもお話ししました。
 

 

 
準備体操、ウォーミングアップの後、本日チャレンジする技【大腰】のデモンストレーション。
 

 
今回お手伝いしてくださったフランス人柔道家に、技についての通訳をお願いしました。
 

 

 

 
二人組になって、打ち込み。
館長やスタッフが各ペアを巡り、指導します。
 
投げる前に大切なことをお伝えするため、皆さんを今一度あつめます。
 

 
引手を離さないこと、引手は”命綱”であること、相手を守るために必ずこのことを頭に入れてほしいこと、を何度も伝えました。
 
さて。いよいよ投げ込み!
投げる体験をしてもらいました。
 

 

 
皆さんとても楽しそう!
興奮気味に何度も歓声をあげていました。
 

 
稽古の結びもしっかりと座礼でしめました。
 
 
 
 
 
 
今回の柔道体験プログラムでは、参加したフランス人の中に靴下を脱ぎたくないという方が数名おり、靴下を履いたままでの柔道体験となりました。
 

文化や価値観の違いを、柔道場という場でどこまで受け入れるか、、、今後の課題になりそうです。

 

日本発祥の武道である柔道を通して、外国人の皆さんが「日本文化」「日本人の心」に触れ、日本をより好きになってくれると嬉しく思います。
 
 

 
 
Judo Experience Programの詳細はこちら
https://www.bunbuichido.net/20190628news-judo-experience-program/
 
 
 
 
 
 
 
 
館長 坂東真夕子
 
 
 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するオススメの記事

【幼児・小学生クラス】日々の柔道修行がもた...

館長(コラム・講演・対談) 2021年3月23日

先日、文武一道塾 志道館に通っている小学生(男児)の保護者さまから、こんな話しをお聞きしました。   男児がある...

館長(コラム・講演・対談)

【幼児・小学生クラス】日々の柔道修行がもた...

2021年3月23日 07:13

先日、文武一道塾 志道館に通っている小学生(男児)の保護者さまから、こんな話しをお聞きしました。   男児がある...

続きを見る

日米・日中 柔道交流からの、第5回志道館杯!

港南道場 2019年1月22日

先週は怒涛の一週間でした。   16日には10代〜20代のアメリカ人柔道選手10名が来館! 外務省が推進する【KAKEHAS...

港南道場

日米・日中 柔道交流からの、第5回志道館杯!

2019年1月22日 08:14

先週は怒涛の一週間でした。   16日には10代〜20代のアメリカ人柔道選手10名が来館! 外務省が推進する【KAKEHAS...

続きを見る